後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

医師等への謝礼について(裁判基準)


1 赤い本
 社会通念上相当なものであれば,損害として認められることがある。なお,見舞客に対する接待費,快気祝等は道義上の出費であるから認められない。

2 青い本
 最近の傾向としては医師謝礼を認定した例はあまりない。

3 自賠責
 特別の言及はない。
 
4 解説
(1)重篤な状態を手術で乗り切った,あるいは,治療に適切な医療機関を尽力して探してもらったなど,謝礼が支払われるのが当然のような事情があればともかく,単にあいさつ的に謝礼金をおいたという程度の場合には,賠償としての相当性が認められないことが多いです。

(2)最近は肯定例が少ないので医師謝礼については積極的な主張・立証がない場合には否定される可能性が高いと思われます。

5 事例
(1)献血に来てくれた人や医師,看護婦,ヘルパー等に対する謝礼12万円が認められた。

(2)18歳・男性・専門学校生が植物状態に近い後遺障害(1級)を残した事案につき,植物状態となった被害者の受入先病院が少ないために,その入院先を確保するために必要であったとして,支出した医師謝礼金200万円の内,100万円を認めた。
交通事故のお悩みはこちら

表 よつば様.png

交通事故バナー.JPG

 

無料メールマガジン




事務所概要

メールでの問合せはこちら

bnr-ofblog-kotsujiko.jpg 

▼弁護士の活動の様子等

fb.png ツイッター グーグルプラス

 

▼交通事故以外の弁護士へのご相談は下記サイトをご覧ください

企業法律専門サイト   ImgLS3.jpg ImgLS9-thumb-240x240-31.jpg



柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.