メニュー
よつばの特長お客様の声

インタビュー01「弁護士にもっと早く依頼すればよかったです!」

今野賢二(仮名)20代・男性 千葉県柏市在住 インタビュー日時 2013.1.22

左膝関節の機能障害(10級11号)、左膝の神経系統の障害(12級13号)、左大腿部の神経系統の障害(14級9号)で後遺障害等級は併合9級と認定されましたね。
事務所に相談する前どんなことで悩んでいましたか。

今野様:保険会社からは800万円程度の示談額が提案されていましたが、本当に正しい金額なのか考えていました。

インターネットで色々調べましたか。

今野様:はい。色々なサイトで調べました。

ホームページを見てすぐに問い合わせしようと思いましたか。

今野様:相談は無料だったのですぐに問い合わせしました。
ただ、実際に依頼した場合の弁護士費用が高いのではないかと気になっていました。

問い合わせをしようと思ったのはなぜですか。

今野様:インターネットで調べたところ弁護士に依頼すると受け取れる額が増えるという話があったからです。また、保険会社の対応が悪かったのでその点も気になっていました。

なぜ当事務所に相談・依頼されましたか。

今野様:ホームページを見たところ、交通事故に詳しそうだったからというのが一番の理由です。
また、地元のため行くのが近かったので相談・依頼しました。実際相談の際も似たような事例を多く取り扱っているとのことだったので依頼しました。

実際に相談・依頼した結果、7ヶ月の期間で既に支払われた治療日・休業損害・入通院慰謝料等を除き、1,680万円を受け取ることができましたね。

今野様:はい。

880万円弁護士に依頼して増額しましたね。

今野様:はい。

手続を進めていくなかで苦労したことはありますか。

今野様:特にはありませんが、書類の準備をするのが大変でした。
自分の収入を証明する資料を集めるのが苦労しました。

資料集めは大変だったでしょう。
私たちがお願いした実際の収入額を証明する書類が準備できたからこそ、金額が増えるという結果になったのだと思います。


後遺障害慰謝料の額が300万円から690万円に増えましたね。

今野様:弁護士が代理して交通事故紛争処理センターで交渉しただけで390万も増えました。

弁護士が代理すると、裁判基準での慰謝料が認められることが多いので、慰謝料は大幅に増額することが多いですね。


後遺障害逸失利益も800万円増えましたね。

今野様:基礎となる収入の評価方法が争いになっていたのですが、それを正しく評価してもらったと思います。

今までの生活の状況や収入の状況について証拠を元にして主張したのがよかったのでしょうね。


結果的には過失相殺(35%)もあったので、880万円の増額となりましたね。

今野様:弁護士にお願いしなければ、こんなには増えなかったと思います。

依頼してみてよかったことはありますか。

今野様:金額が増えたことと解決までのスピードが速くなったことがよかったことです。
保険会社の対応も私が交渉していたときとは対応が違うような印象を受けました。

重い後遺障害を負った場合には私は必ず弁護士に相談すべきだと思いますよ。


依頼してみて予想外だったことはありますか。

今野様:金額が思ったよりたくさんあがったというのが一番の印象です。
あと、弁護士の費用が思ったより安かったというのも予想外でした。

私たちの事務所では、初回の無料相談の際に、弁護士に依頼しても金銭的なメリットがあまりない場合にはその旨お伝えしています。
そのため、正式な依頼となった場合には、弁護士費用をいただいてもかなり保険金額が増えることが多いんですよ。


無事手続が終わったばかりですが感想はいかがでしょうか。

今野様:ありがとうございました!頼んでよかったです。
怪我は治っていませんが、スポーツジムにも少しずつ通えるようになりました。少しずつリハビリを続けて直していきたいと思います。
私は後遺障害認定後から依頼しましたが、事故直後から相談していれば、保険会社とのやりとりもスムーズだったのではないかと思っています。

そういっていただけるとうれしいです。

インタビュアー:弁護士 大澤 一郎

*プライバシー保護のため、インタビューの趣旨を変更しない範囲で、地名等は変更している可能性がありますのことをご了承ください。