メニュー
交通事故知識ガイド後遺障害等級

後遺障害12級

Q後遺障害12級とはどのような後遺障害が残った場合でしょうか。
A後遺障害12級とは以下のような後遺障害の1つが残った場合となります。
  1. 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  2. 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  3. 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  4. 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
  5. 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
  6. 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  7. 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  8. 長管骨に変形を残すもの
  9. 1手のこ指を失ったもの
  10. 1手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
  11. 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
  12. 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
  13. 局部に頑固な神経症状を残すもの
  14. 外貌に醜状を残すもの

後遺障害12級の慰謝料について

後遺障害12級の場合、裁判での標準の慰謝料は290万円です。

赤い本(平成30年)によると、一番高い事案で550万円という事案があります。
これは、右股関節機能障害、右股関節痛(12級)の女性について、後遺障害の程度が10級に近いものであること、将来人工骨頭置換術を余儀なくされる可能性を考慮された事案です。

後遺障害の等級認定に対しては、異議申立の手続きを行うことができます。
異議申立の結果、結果が変わることも有りますので、訴訟提起の前に後遺障害の等級認定結果に納得がいかない場合には、異議申立を検討するのがよいでしょう。

後遺障害等級12級の具体的な慰謝料額について

  • 裁判での標準額 290万円
  • 赤い本での最高額(平成30年版) 550万円

後遺障害12級認定の注意点について

関節の機能障害(可動域制限)と、局部の頑固な神経症状が比較的多い症状です。
また、鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨又は骨盤骨に著しい変形を残すものも比較的多い症状です。

変形障害は後遺障害診断書への記載とレントゲンフィルム等の提出をしないとそもそも後遺障害の審査自体がされないことがありますので注意が必要です。