メニュー
交通事故知識ガイド後遺症(後遺障害)

大腿骨顆部骨折

解説者の弁護士大澤一郎
大腿骨顆部骨折は交通事故で発生しやすい骨折です。
受傷と同時に立つことができなくなり、いわゆる「骨折」というような症状が発生します。

大腿骨顆部骨折のみならず他の骨折と同時に発生することもあり、交通事故における骨折としては重傷の骨折です。

Q後遺障害の認定基準はどのような基準ですか。
A膝関節の可動域制限が発生することがあります。
具体的には、可動域制限の数値によって、1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの(8級7号)に該当する可能性があります。

また、1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの(10級11号)に該当する可能性もあります。一番多い可能性は、1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの(12級7号)等に該当する可能性があります。

また、他の症状との併合により、等級が1級又は2級繰り上がることもあります。

Q立証上のポイントはどのようなポイントですか。
Aレントゲン(前後・側面・斜め)を撮影することにより具体的な骨折の状況がわかります。骨折の状況を正確に把握するためにはCTが重要と言われています。大腿骨顆部骨折は、大腿骨顆上骨折・大腿骨遠位端骨折などといった傷病名で呼ばれることもあります。

また、回復のためには、手術直後からのリハビリが重要とされています。リハビリを行うことにより、症状が改善することもあります。膝関節の機能障害が残りやすい骨折と言われていますので主治医の指示に基づき、まずはリハビリを重視しましょう。
交通事故の場合、関節可動域の測定は後遺障害等級が適切に認定されるかどうかのためには極めて重要な測定です。膝関節の可動域制限が発生する可能性が高いとされていますので、適切な測定結果を交通事故の診断書に記載してもらうことが重要です。

Q保険金額決定のポイントはどのようなポイントですか。
A交通事故による大腿骨顆部骨折は、一般に膝関節に後遺症を残しやすいとされています。
可動域の制限の後遺症の場合、保険会社は労働能力の喪失期間を10年、15年、20年等に区切ってくることがあります。

しかしながら、裁判所での原則は特別な医学的な証拠がない限りは67歳までの労働能力の喪失と判断されます。相手の保険会社の対応次第では、訴訟を提起した方が望ましいことがあります。
また、他の病気と併合となる確率が高い病気とされています。13級以上の等級が2つ以上あれば等級が1級繰り上がり、8級以上の等級が2つ以上あれば等級が2級繰り上がり、5級以上の等級が2つ以上あれば等級が3級繰り上がります。読み下さい。)