メニュー
交通事故知識ガイド後遺症(後遺障害)

後遺症と保険

後遺症と保険について

交通事故が元で後遺症(後遺障害)を負ってしまった場合、後遺症について保険の請求をすることになります。
この場合自賠責保険と任意保険の2つの保険があります。

自賠責保険について

自賠責保険は車両の場合加入する義務がある保険です。後遺症による損害額全額ではありませんが、後遺症によって受けた損害のうち一部の金額が自賠責保険より支給されます。

任意保険について

大多数の車両は自賠責保険とは別に対人無制限の任意保険に加入しています。加害者が任意保険に加入している場合には、自賠責保険では足りない部分については任意保険の会社から保険金の支払いを受けることができます。

自賠責保険と任意保険の前後関係

自賠責保険と任意保険について、どちらに先に請求しなければならないという決まりはありません。
ただし、自賠責保険の場合には定額が早期に支給されますので、先に自賠責保険から保険金を受領した上で任意保険の請求をしたり、裁判の提起をしたりする方が多いです。

ご自身で加入されている保険について

後遺症が認定されるような事故の場合、ご自身が加入されている搭乗者傷害保険、人身傷害保険でも保険金が下りる可能性があります。(過失割合や相手が保険に加入しているかによって実際に保険金が下りるかどうかが変わってくる可能性もあります。

さらに、後遺症が認定されるような事故でない場合でも車両保険が使用可能な場合があります。ご自身で加入されている保険についても一度内容を検討することがよいと思います。