メニュー
交通事故知識ガイド高次脳機能障害Q&A

加害者の態度に納得できないのですがどうすればよいですか?

弁護士からの回答

代表弁護士大澤一郎

厳罰を求める旨警察・検察庁に伝えましょう。

加害者の態度について

頭部の外傷で入院するという重大な被害を負った場合、一生被害者は後遺障害と付き合っていかないといけない可能性があります。他方、加害者によっては、保険会社任せで全く誠意の見られない対応をする人もいます。

警察・検察庁に処罰感情を正しく伝えましょう

警察に処罰感情を伝える場合、正しく処罰感情を伝えることが大切です。一般に、処罰感情については3段階位があると言えます。

  • 軽い処分で構わない
  • 適正な処分にしてほしい
  • できるだけ厳罰にして欲しい

交通事故被害者の方から見た場合、加害者の刑事処分は一般的に「軽い」と感じることが多いです。そのため、「適正な処分にしてほしい」という意見を被害者が述べた場合、被害者が思っているよりも軽い処分となってしまうことがありますので注意が必要です。

書面を警察・検察庁に提出する方法

警察官、検察官が被害者の思っていること、考えていること全てを書類にまとめてくれるとは限りません。
交通事故により具体的にどのような弊害が生活に出ているのか、家族にはどのような弊害が出ているのか、どのような気持ちが現在の本当の気持ちなのかというようなことを正確に記載して書面で警察・検察庁に提出することにより、被害者の本当の思いを伝えることが可能になります。

刑事事件への被害者参加

正式な刑事事件の裁判となったような場合、刑事事件への裁判への出席、証人尋問、加害者本人への尋問、被害者側としての意見陳述などを行うことができることがあります。

また、加害者が刑務所に入ったような場合には、刑務所での処遇状況や刑務所から釈放される時期などの情報の通知を受けることができることもあります。

最優先は治療であること

交通事故で高次脳機能障害を負った場合、被害者ご本人、家族共に、「加害者を絶対に許せない」という気持ちになることがあるかと思います。
そして、加害者の処分が軽すぎることに対して納得できない気持ちを持つことが多いです。もっとも、被害者にとって一番大切なことは、できるだけの治療をして事故被害を回復することです。

また、残念ながら症状が全ては改善しなかった場合には適切な保険金を受領して金銭的な面での事故被害の回復を受けるということも大切です。刑事事件の処分も非常に大切なことですが、他方、治療をして症状を改善させるという本来一番重視すべき事項をおろそかにしないことも大切です。

高次脳機能障害Q&A一覧へ戻る