後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド高次脳機能障害Q&A

高次脳機能障害では労災と自賠責で後遺障害等級が異なることはありますか?

弁護士からの回答

代表弁護士大澤一郎

あります。両者は類似の基準ですが別基準です。

労災について

交通事故(労災)

①通勤中の事故の場合や②仕事中の事故の場合、労災保険の利用が可能です。高次脳機能障害の場合でも、労災保険の利用はもちろん可能です。
参考:交通事故と労災保険の解説
参考:相手方任意保険、健康保険、労災保険のどれを使えばよいですか?

労災保険の高次脳機能障害認定システム

意思疎通能力の欠落

労災保険は、労働能力の観点を重視した認定基準となっています。具体的には、労災保険では、以下の4つの能力を重視した認定基準をとっています。

  • 意思疎通能力(記銘・記憶力、認知力、言語力等)
  • 問題解決能力(理解力、判断力等)
  • 作業負荷に対する持続力・持久力
  • 社会行動能力(協調性等)

意思疎通能力、問題解決能力、作業負荷に対する持続力・持久力、社会行動能力は仕事を行っていく上で重要な能力ですので、上記の能力を重視した判断が労災保険ではとられています。詳細は、高次脳機能障害Q&Aの後遺障害認定についてのご質問をご参照下さい。

自賠責保険の高次脳機能障害認定システム

自賠責保険においては基準は非公表とされていますが、労災保険の認定システムに準拠したシステムをとっていると一般的には考えられています。しかしながら、高次脳機能障害においては、仕事の観点からのみではなく、日常生活への影響なども考慮した判断がなされるようになっています。また、高齢者・幼児などは労働能力という観点とは別の観点からの審査がなされています。

労災の方が等級が重いことがある

  • 経験上、自賠責保険よりも労災保険の後遺障害等級の方が重いということはよくあります。これは、労災は被害者保護を特に重視しているためと考えられます。他方、労災保険よりも自賠責保険の等級の方が重いということはあまりありません。
  • 労災保険と自賠責保険の後遺障害等級が異なる場合には、自賠責保険の後遺障害等級認定に対する異議申立を検討しましょう。
  • なお、労災保険の後遺障害認定に対する異議申立(審査請求再審査請求等)も可能です。

高次脳機能障害における労災と自賠責の後遺障害等級のよくある質問

Q労災の等級よりも自賠責の等級が下でした。どうすればよいですか?
A自賠責保険の後遺障害等級に対する異議申立をしましょう。労災の後遺障害の認定結果も添付し、その他、追加で提出できる医学的な資料などがあれば提出しましょう。

【解説】

  • 脳のMRI画像、CT画像所見で異常があり、未提出のものがあれば提出しましょう。
  • 神経心理学的検査で異常があり、未提出のものがあれば提出しましょう。
  • その他、主治医が作成した資料で未提出のものがあれば提出しましょう。
Q労災保険の後遺障害申請と自賠責保険の後遺障害申請のどちらもした方がよいですか?
A高次脳機能障害の事案の場合、どちらもした方がよいことが多いです。特に、労災の等級認定の方が高くなった場合、結果的に受領できる金額の合計額が増えることがあります。

【解説】

  • 労災と自賠責の後遺障害等級認定が異なるまま最終的な解決に至ることがあります。この場合、事案によりますが、労災保険から受領した金額(の一部)分、結果的に補償額が増える可能性があります。
Q労災と自賠責保険の後遺障害等級が違う場合、裁判で決着を付ける方法もありますか?
Aあります。ただし、裁判の場合、自賠責保険の判断を元にした判決がなされる可能性も高いです。まずは自賠責保険への異議申立をお勧めします。

【解説】

  • 裁判の場合、全ての証拠を元にして裁判官が最終的な判断をします。具体的に現在の仕事や生活がどのようになっているのかということを証明すれば、自賠責保険の後遺障害等級より高い等級が認められることもあります。
Q労災保険と自賠責保険の後遺障害申請のどちらを先にした方がよいですか?
A一律の基準はありませんが、労災の後遺障害申請を先にすることが経験上は多いです。

【解説】

  • 労災保険、自賠責保険の後遺障害申請のいずれを先行することも可能です。
  • ただし、労災保険の方が高い後遺障害認定結果となることが多いので、労災保険を先行することが経験上は多いです。

まとめ

  • 高次脳機能障害の場合、労災保険と自賠責保険で異なる後遺障害等級となることがあります。具体的には、労災保険の等級が重いことが多いです。
  • 労災保険と自賠責保険の等級認定が異なる場合、軽い後遺障害認定がされた方に対する異議申立を検討しましょう。

関連リンク

高次脳機能障害Q&A一覧へ戻る