メニュー
交通事故知識ガイドむちうち

「むちうち」と慰謝料

解説者の弁護士大澤一郎

むちうち(鞭打ち、ムチウチ等とも言います)となった場合、交通事故の慰謝料はどのようになるのでしょうか。

慰謝料には二種類あること

むちうちの慰謝料に限らず、全ての慰謝料に共通することですが、慰謝料には2つの種類の慰謝料があります。入通院慰謝料後遺障害慰謝料です。

(1)むちうちの入通院慰謝料について

入通院慰謝料とは、入院日数・期間や通院日数・期間に応じて支払われる慰謝料です。

(2)むちうちの後遺障害慰謝料について

後遺障害の認定がされなかった場合には後遺障害慰謝料はありません。
後遺障害等級が認定された場合にはそれに応じた慰謝料が支払われます。

裁判の標準額の基準ですと、むちうちで12級が認定された場合には標準となる慰謝料は290万円、むちうちで14級が認定された場合には標準となる慰謝料は110万円です。

入通院慰謝料もむちうちの場合には2種類あります。

(1)むちうちの入通院慰謝料についても裁判の標準の基準で2つの基準があります。

別表Ⅰ・別表Ⅱと呼ばれている表です。

別表Ⅰであれば通院期間6ヶ月でむちうちの慰謝料は116万円、別表Ⅱであれば通院期間6ヶ月でむちうちの慰謝料は89万円です。

(2)慰謝料の別表Ⅰ・別表Ⅱの使い分けについて(鞭打ちの場合)

むちうちの場合、他覚症状がない場合には別表Ⅱ(慰謝料が少ない表)を使うとされています。
ただし、他覚症状の有無自体が裁判等では争いになることも多いです。

そのため、別表Ⅰ・別表Ⅱの争いになった場合には、カルテ・画像所見・診断書・診療報酬明細書等の医学的な資料を根拠として、被害者としては別表Ⅰに基づく慰謝料を請求していくということになります。

裁判となった場合でも、別表Ⅰに基づく主張をしておけば、裁判官がそれに近い水準での判断をしてくれることも多いです。

(3)後遺障害慰謝料について

むちうちの後遺障害慰謝料についても注意が必要です。
通常、14級の後遺障害慰謝料は裁判基準で110万円、12級で290万円です。(示談交渉での後遺障害慰謝料の提案額はより低いことが多いです。)

むちうちの場合、裁判であったとしても上記の基準を下回る後遺障害慰謝料を提案してくる保険会社が多数あります。
裁判の場合、むちうちの病状の程度にもよりますが、適切な主張・立証を行えば、後遺障害慰謝料の額は上記の裁判基準の標準額となることが多いです。

裁判官は他の事件とのバランスということを重視しますので、むちうちの場合だけ極端に少ない後遺障害慰謝料を提示することは普通しません。後遺障害のある事案では、裁判も視野に入れた準備が必要です。

ここでは、むちうちと慰謝料について解説しました。