メニュー
交通事故知識ガイド損害賠償額の計算方法

交通事故の逸失利益

ここでは、逸失利益について法律的な見解についての整理をします。内容が専門的かつ複雑ですので、興味のある方のみお読みいただければと思います。

1. 交通事故における損害の概念について(逸失利益関係)

(1)差額説
損害を、もし加害原因がなかったとしたらあるべき利益状態と、加害がなかった現在の利益状態の差とする見解です。
(2)死傷損害説
生命侵害や傷害による損害は、いわゆる財産的・精神的両損害を全て総合して1つの非財産的損害とみて、これに対する適切な賠償額を全体として判断すべきであり、積極支出・逸失利益や精神的苦痛は損害そのものではなく、死傷と言う損害の程度を反映し、これを金銭に換算する資料たる意義を有するに過ぎないという考え方です。
(3)労働能力喪失説
後遺障害による労働能力の喪失それ自体を損害と観念し、現実に収入が失われたかどうかは喪失した労働能力を評価するための資料に過ぎないという考え方です。

2. 上記の説については、結局、何を持って要件事実における主要事実と見るかという点にあると言えます。

実際の訴訟においては、上記の説のどの要素を重視するかによって交通事故の逸失利益額が変わってくるものと言えます。

3. 上記の説の対立は、後遺障害は存在するが実際の減収がない場合の逸失利益の算定の場合や、後遺障害は存在するが実際には収入が増加している場合の逸失利益の算定の場合に問題となってくることがあります。

4. 現実問題としては、いずれの説を採用するとしても、交通事故の逸失利益を算定するために重要なことは証拠です。

いかに収入額を証明するか、いかに後遺障害の現状を証明するか等の問題が重要な問題となってきます。裁判は「論より証拠」ということわざがあるとおり、理屈を並べるだけでは勝つことはできません。理屈を裏付けする証拠があるかどうかが重要です。交通事故の逸失利益算定においても、この「論より証拠」ということがあてはまります。

ここでは、交通事故の逸失利益について学説についての整理を行いました。実際に逸失利益を有利に計算するためには、証拠を集めたり、裁判で主張するポイントを絞った主張が必要になってきますので、専門の弁護士にご相談下さい。