メニュー

弁護士川﨑翔の交通事故に対するスタンス

交通事故の被害者が適正な賠償を受けられるよう全力を尽くします。

交通事故の賠償において、長い間、保険会社が主導権を握ってきました。
というのも、交通事故事件を取り扱っている弁護士のほとんどが、保険会社の顧問弁護士であったためです。被害者は何の支援も受けられないまま、保険会社が提案する和解を飲まざるを得ないという事態が常態化していました。

被害者側にも「交通事故に精通した弁護士」がついて、ようやく保険会社と対等な立場に立てるのです。
もちろん、賠償金が支払われてもすべての損害が回復されるわけではありませんが、少なくとも被害者に対して適正な賠償がなされるべきです。

我々は、被害者側の弁護士として、交通事故の被害者が適正な賠償を受けられるよう全力を尽くします。(当事務所は、原則として被害者からの依頼のみを受任し、加害者及び保険会社からの依頼はお受けしていません。)

交通事故事件解決のための知識経験があります。

被害者側の弁護士は、後遺障害の認定に必要な医学知識を持ち、適正な後遺障害等級が認定されるようサポートできることが必要不可欠です。
不幸にも後遺症が残ってしまった場合、どの程度の後遺障害等級が認定されるのかという点が重要になるためです。(もちろん、治癒することが最善であることは言うまでもありません。)
また、医学的な論争になった場合にも、的確に主張・反論のできる能力が求められます。

さらに、被害者側の弁護士には、保険知識や被害者救済の公的支援についての知識も必要です。
加害者からの賠償が受けられない場合や加害者からの賠償だけでは十分でないことがあるためです。人身傷害保険、無保険車傷害保険、労災の各種給付、政府保障事業等、被害者救済のためのあらゆる制度を使いこなすことが求められるのです。

当事務所は、交通事故の事件を多く取り扱ってきました。その中で培われた知識経験に基づき、交通事故の被害者にとって最善の解決がなされるよう活動します。
また、我々は日々の研鑽を欠かさず、常に被害者のために最善の能力を発揮できるよう努力します。

適正かつ公正な刑事裁判がなされるよう被害者側の代弁者となります。

交通事故の状況がまず明らかになるのは、刑事裁判においてということになります。
特に死亡事故の場合、被害者の供述がないことから事故態様の把握には捜査機関の捜査及び刑事裁判の判決を待つほかありません。

交通事故の刑事裁判においては、一定の条件の下で、被害者は「被害者参加」をすることができます。
当事者として刑事裁判に参加することで、被害者や遺族は真実を知ることができます。また、被害者や遺族の思いを裁判所に届けることも可能になります。

我々は、依頼者のご希望がある場合、被害者参加人の代理人(被害者参加弁護士)として、刑事裁判に参加し、事故の真相究明、適正かつ公正な刑事裁判がなされるよう活動します。

保険会社と最後まで戦います。

保険会社は当然交通事故の賠償についての知識があります。
裁判になればどのくらいの賠償額を支払わなければならないかも認識しています。
それにもかかわらず、支払う賠償金を低額に抑えようとします。保険会社は決して被害者の味方ではありません。

我々は保険会社と最後まで戦います。もちろん、依頼者の希望を最優先しますが、交渉で適正な賠償がなされない場合には、積極的に訴訟を提起し、訴訟においても安易な和解には応じず、判決まで戦います。