後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

  • HOME
  • 弁護士費用

弁護士費用


hiyou.jpg
(法律)相談料とは,弁護士に手続きの代理を依頼せずに,相談のみを行う際の料金です。
 ※初回無料相談で可能な相談について
着手金とは,法律事務所に依頼をする際に最初の段階でお支払いいただく料金です。
報酬金とは,保険会社からの保険金を受領した際にお支払いいただく料金です。
実費は別途発生します。※実費について
物損事故・交通事故の加害者の事案は、現在お取り扱いしていませんのでご了承下さい。※詳細
裁判を提起した場合,追加の報酬金として25万円(税別)が発生します。交通事故紛争処理センターへの申立の場合追加の報酬として20万円(税別)が発生します。※追加費用を明記する理由
  通常、法律事務所に法律相談をする場合には法律相談料がかかります。また、依頼をする場合には、交通事故解決のための着手金を請求額によって設定しています。
 しかしながら当事務所では、依頼者の皆様のご負担を軽減するために、人身事故の相談料、着手金を0円としております。なお、弁護士報酬は示談金を受領した後の完全後払い制となっております。
  また、当事務所の費用の規定は、皆様の経済的な負担ができるだけ少なくなることを心がけています。保険会社からの取得額は増えたが高額の料金を支払ったら、結局弁護士に依頼する意味がなかった、ということがないような費用体系となっております。詳細はお問い合わせ下さい。


弁護士費用特約の場合

 交通事故に関して弁護士費用特約付の保険に加入している皆様は,保険会社の一般的な契約内容にしたがった料金体系となっています。この場合,300万円までの法律事務所の費用は皆様が加入している保険会社から支払われます。詳細はこちら


以下の事案のお客様はご確認ください

■加害者が任意保険に加入していない事故にあった皆様

 状況によってご相談可能な場合とお引き受けすることができない場合がございますので,お問い合わせ下さい。


■交通事故の加害者の方
 当事務所の方針によりお取り扱いしておりません。


■物損事故の被害者の皆様
 弁護士費用特約の有無にかかわらず,原則として現在お取り扱いしておりません。



交通事故の費用についての補足説明

※費用につきましては予告なく改訂されることがありますのでご了承下さい。
※事件の状況や保険会社からの提案額によっては,上記が適用されないことがあります。その場合には,委任契約締結時に費用についての委任契約書を作成いたします。

 交通事故の弁護士費用は,現在のお怪我の状況や後遺障害の認定の有無及びその可能性によって変わってきます。また,初回相談で詳しくお話をお伺いすると使用可能な弁護士費用特約があることが判明したということもあります。
 当事務所ではできるだけわかりやすくホームページ上に費用を掲載していますがわかりにくい部分もあるかと思います。初回の無料相談の際にご依頼いただいた場合の費用についてご説明しますので,まずは無料相談をお勧めします。


実費について

 当事務所に保険会社との交渉・訴訟をご依頼いただいた場合,以下の実費が発生します。

1 交渉の場合
  高額の実費が発生することはありません。郵送費・交通費などの若干の実費が発生することがあります。

2 訴訟の場合 
  裁判所に支払う印紙代がかかります。目安としては以下の金額です。
(1)訴訟提起の際の金額が1000万円の場合 実費が5万円程度
(2)訴訟提起の際の金額が3000万円の場合 実費が11万円程度
(3)訴訟提起の際の金額が5000万円の場合 実費が17万円程度
(4)訴訟提起の際の金額が1億円の場合    実費が32万円程度

 なお,印紙代の後払い制度(訴訟救助という制度)を利用することにより,上記の実費が直ちに負担できない方の場合であったとしても訴訟を提起できることがあります。  
 また,自賠責保険の被害者請求を先行することにより,上記の実費分の保険金を先に取得することもできます。 そのため,実費がなくて訴訟ができないということは通常ありませんので大丈夫でしょう。



追加費用を明記する理由・ 裁判の場合に追加費用がかかることについて

 私たちの事務所では,裁判の場合には追加費用として25万円をいただいています。
 裁判をする場合,期間は1年以上かかることもあります。場合によっては2年以上かかることもあります。また,打ち合わせ,過去の裁判例の検討,資料作成準備,裁判所への出廷,証人尋問等様々なことが必要となります。
 この点,「裁判の場合に追加費用があるのかあいまいな表示」となっている事務所のホームページが多いような印象を受けています。これらの多くは,裁判の場合,追加費用がかかるのではないかと思います。
 また,「裁判の場合の追加費用がかからない」と記載してある事務所もあります。このような事務所の場合,誠実に裁判業務を行ってくれればよいですが,裁判にかける準備の手間を省いたり,裁判をしたくないために依頼をされた方に不利な和解を裁判前に進めたりするのではないかという危惧があります。
 私たちの事務所では,「保険会社から受け取る保険金からかかる弁護士費用を引いた,実際に皆様が取得する額」が最大になるように手続きを進めていきます。その中で裁判をした方がよい場合には裁判をお奨めしますし,裁判をしない方がよい場合には裁判はお奨めしません。
 追加費用が発生することを明確に明示しているのは,皆様に事前にかかる費用のことや当事務所の方針を理解していただきたいという気持ちの表れです。



初回無料相談で可能なご相談

初回無料相談では以下のようなご相談が可能です。
  •  事故直後でよくわからないことが多いので専門家に聞きたい
  •  治療をして体を治すため,詳しい弁護士によるサポートを受けたい
  •  警察や加害者との対応に悩んでいるので相談したい
  •  治療中の病院・リハビリについて悩んでいるので相談したい
  •  「治療費打ち切り」と保険会社に言われてしまって困っている
  •  後遺障害診断書作成のチェックをして欲しい
  •  後遺障害の等級認定について詳しく知りたい
  •  後遺障害等級の異議申立をしたい
  •  保険会社の提示する保険金額が妥当かどうか確認して欲しい
  •  保険会社との示談交渉や裁判をして欲しい

 怪我の治療が必要な交通事故の場合,できるだけ早めに専門知識のある弁護士に相談をした方が怪我が治る確率が高く,適正な保険金を受け取ることができる確率も高くなります。早めのご相談をお勧めします。

[関連記事] 交通事故で怪我をした場合いつ弁護士に相談すべきか?

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.