メニュー

交通事故知識ガイド後遺症(後遺障害)

後遺症(後遺障害)とは

後遺症とは、治療しても完治に至らず、「症状固定」の段階で、体の不具合が残ることをいいます。しかし、治療終了後に痛みや不具合が残っていても、法律的に後遺症(後遺障害)として認められるかとどうかは別です。
交通事故被害者は、後遺症を認定する損害保険料率算出機構に対し、十分な資料を提出し、後遺症を立証していく必要があります。そこで当事務所では、どのような検査を受けるべきか、どのような診断書を作成してもらうべきか、画像上異常所見はないか等、専門的な観点からアドバイスすることを心がけています。

後遺障害診断書

後遺障害の等級認定をサポート

法律事務所で後遺障害の等級認定サポートができる事務所は実は相当少ないのです。弁護士は法律の専門家です。しかし、弁護士が等級認定サポートの専門家とは限りません。

当事務所では、事務所単独で後遺障害の等級認定サポートを行う場合もありますし、外部の専門家とも連携をして後遺障害の等級認定サポートを行っています。このような法律事務所は日本でも数はそれほど多くないと思います。

詳しく見る

後遺障害等級について

医師に後遺障害診断書を作成してもらい、その診断書を元にして後遺障害の等級認定を受けます。後遺障害の等級認定というのが、交通事故において適正な補償を受けるために一番重要です。どのような後遺障害を負った場合にどのような等級が認定されるのかについて解説します。

詳しく見る

後遺障害解説

主要な後遺障害について、被害を受けた部位ごとに「傷病名の解説及びポイント」と「後遺障害認定基準」について記載していきます。

詳しく見る

交通事故遺障害認定実務講座のゲスト講師をしました

交通事故分野を積極的に取り扱おうとしている弁護士への講義で、講師役としてお話しさせていただきました。

詳しく見る

交通事故の後遺障害の解説