メニュー

交通事故知識ガイドバイクでの交通事故の解決

バイクでの交通事故の解決について

バイク事故

バイクでの交通事故の場合、体への被害が深刻なものとなってしまうことが多くあります。
運転者の方が直接相手自動車と衝突したり、また、頭、肩、手足が道路にたたきつけられてしまうことなどが原因です。当事務所では、バイクでの交通事故の解決実績が多数ありますが、バイクでの交通事故解決のポイントを解説します。

怪我の状況を正しく把握できていますか?

交通事故のカウンセリング

私たちの経験では、バイクでの事故の場合、脊髄損傷・高次脳機能障害・遷延性意識障害といった神経・脳に関わる怪我、手足の骨折や手足の動く範囲の制限(可動域制限)、腱板断裂・腱板損傷などの肩の怪我が発生する場合があります。

どの傷害も適切に治療を続けないと回復が遅れることとなってしまいますし、また、事故直後から弁護士に相談をしておかないと、仮に後遺障害が残ってしまった場合に適切な補償が受けられなくなってしまう可能性が高いです。

特に、バイクでの事故の場合、傷害箇所が複数にわたり、また、病院も脳外科、整形外科など複数科を受診することも多いため、より一層事故直後から、最終的な解決までを踏まえた対応が必要となってきます。

まずは、事故直後、または、できるだけ早い時期に、怪我の状況を正しく把握し、専門家に一度は相談しましょう。

保険関係を正しく把握できていますか?

当事務所では「バイクでの事故なのでバイクの保険に入っていなかったんです」というご相談者からの話がよくあります。

確かに、バイク自身の保険には入っていないこともありますが、バイクとは別に自動車をご本人が持っている場合や、ご家族が自動車を持っている場合には、自動車の保険から怪我の保障や弁護士費用の保障がある場合もあります。
特に、弁護士費用の保障(弁護士費用特約)については見過ごされることも多いので注意が必要です。

高次脳機能傷害について

車を運転中の事故の場合には、頭を強打して高次脳機能障害となる事故はそれほど多くはありません。他方、バイクでの事故の場合には、ヘルメットをかぶっていたとしても、頭を道路に強打するなどし、高次脳機能障害となる場合が多々あります。
そして、高次脳機能障害の場合、事故直後からの弁護士などの専門家の関与が不可欠です。

高次脳機能障害となってしまった場合、後遺障害が残存してしまうことが残念ながら多いのですが、後遺障害の等級は1級、2級、3級、5級、7級、9級、12級、14級という段階があります。金額にすると数百万円から数億円の差にもなってしまうことがあります。
しかし、医師は治療の専門家ですので後遺障害の認定に精通しているわけではありません。事故直後から、万が一後遺障害が残ってしまった場合に備えて、高次脳機能障害のバイク事故の場合には弁護士への相談をお勧めします。

骨折に伴う動く範囲の制限(可動域制限)

バイクでの事故の場合、手足や指の骨折を伴うことが多いです。手足や指の骨折の場合、最終的に、関節が事故前より動きにくくなってしまうことがあります。これを関節の可動域制限と言います。

関節の可動域制限については、傷病名と可動域の範囲によって後遺障害の等級が決まってきますが、角度5度単位の微妙な判断により1,000万円以上保険金に差が出てしまうこともあります。

事故直後から、万が一後遺障害が残ってしまう可能性があることも考え、バイクでの骨折事故の場合には弁護士への相談をお勧めします。

相手保険会社との交渉を自分でできますか?

バイクでの事故の場合、通常、加害者側保険会社との交渉は被害者自身が行うこととなります。保険会社はたくさんの案件を取り扱っているある種の「プロ」です。他方、交通事故の被害者は通常人生に1回限りの被害です。
(しかも、その被害により一生が変わってしまうかもしれない位の大変な出来事です。)

このように、知識・経験に差があると、保険会社の言っていることに納得してしまい、適切な金額での適正な解決ができなくなってしまう可能性があります。そのため、バイク事故の場合、弁護士に相談をする必要性が高いと言えるでしょう。

バイク事故の被害に残念ながらあわれてしまった場合、事故前の体の状況に戻すこと、適正な補償を受け取ることの2つが大切です。
事故直後又は治療中の段階での専門家へのご相談をお勧めします。