メニュー
交通事故知識ガイド損害賠償の知識

賠償額にかかわる「赤い本」と「青い本」

赤い本

交通事故の問題については、法律上様々な問題が発生してきます。

本サイトでは交通事故の知識を皆様が自分で習得して、より適正な損害賠償金・保険金を取得することを応援しています。

ここでは、交通事故の際によく使われる基準である赤い本・青い本の2つの書籍を中心として、交通事故の損害賠償額の算定について解説していきます。
併せて自賠責保険の基準についても解説していきます。

「赤い本」とは

赤い本とは、財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行している書籍です。
具体的には「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」という書籍の略称です。交通事故の裁判の場合、一番よく使用されている書籍です。「裁判基準」「赤本基準」「赤い本の基準」などと呼ばれています。
赤い本と呼ばれている理由は表紙が赤いからです。

交通事故の裁判において、裁判官や弁護士が一番最初に確認する書籍です。

「青い本」とは

赤い本とは、財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行している書籍です。
具体的には「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」という書籍の略称です。交通事故の裁判の場合、一番よく使用されている書籍です。「裁判基準」「赤本基準」「赤い本の基準」などと呼ばれています。
赤い本と呼ばれている理由は表紙が赤いからです。

交通事故の裁判において、裁判官や弁護士が一番最初に確認する書籍です。

「赤い本」・「青い本」で損害額の算定がされる

交通事故の場合、裁判では赤い本・青い本を使って損害額の算定がなされることが一般的です。

東京地方裁判所及びその周辺の裁判所では、一般に赤い本の基準を用いた計算がなされています。

赤い本は毎年出版されますし、また、裁判官の講演禄が付いていて、裁判実務では講演禄はかなり影響力がある文献と考えられています。

他方、青い本は比較的理論をきちんと記載した書籍です。
なぜそのような基準となるのかということを赤い本に比べて理論的に体系だって説明しています。

損害賠償額の計算方法(赤い本と青い本の比較)

以下では、赤い本と青い本の比較等を通じて、交通事故の法律的な損害賠償額の計算方法について解説します。

ここでは、赤い本・青い本について解説しました。
赤い本・青い本は専門的な書籍ですので、実際の問題の解決にあたっては、弁護士等の法律の専門家へのご相談をお勧めします。