後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド各損害の損害賠償基準の詳細解説

整骨院・接骨院・鍼灸・マッサージ等の施術費

整骨院・接骨院・鍼灸・マッサージ等の施術費の損害賠償基準

損害賠償の基準

(赤い本と青い本は賠償基準をまとめた本です。自賠責保険は加入義務のある保険です。)

赤い本の損害賠償基準

  • 症状により有効かつ相当な場合、ことに医師の指示がある場合などは認められる傾向にある。

青い本の損害賠償基準

  • 医師の指示により受けたものであれば認められる。
  • 医師の指示は積極的なものでなくても、施療を受けることによる改善の可能性が否定できないことからとりあえず施療を受けることを承認するという消極的なものも含まれる。
  • 医師の指示承認がなくても、改善効果があれば賠償を認める例もある。

自賠責保険の損害賠償基準

  • 免許を有する柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。

施術費Q&A

Q整骨院等の施術は具体的にどのような場合に認められますか?
A①施術の必要性、②施術の有効性、③施術内容の合理性、④施術期間の合理性、⑤施術費の相当性の5つを満たした場合に認められます。
【解説】
① 施術の必要性
施術を行うことが必要な身体状態にあったことです。
② 施術の有効性
施術を行った結果として具体的な症状の緩和がみられることです。
③ 施術内容の合理性
施術が、受傷内容と症状に照らし、過剰・濃厚に行われておらず、症状と一致した部位につき、適切な内容として行われていることです。
④ 施術期間の相当性
受傷の内容、治療経過、疼痛の内容、施術の内容及びその効果の程度等から、施術を継続する期間が相当であることです。
⑤ 施術費の相当性
報酬金額が社会一般の水準と比較して妥当なものであることです。
Q病院と整骨院のどちらに行けばよいですか?
A怪我が改善するかどうかによりますが、一般的には病院の方が後日トラブルとはなりにくいでしょう。整骨院に通院する場合には医師の指示又は同意をもらっておきましょう。
【解説】
次のQ&Aもご参照下さい。
交通事故による怪我の治療は、病院と整骨院のどちらに行けばよいですか?
整骨院への通院は認めないと保険会社から言われてしまいましたが、どうすればよいですか?
Q医師の指示・同意はどのように証明しますか?
A医師作成の診断書、カルテなど文書の記載で証明します。

【解説】

  • 医師の診断書に明確に指示があれば整骨院費用は認められやすいです。
  • 医師作成のカルテなどに整骨院通院の指示同意をうかがわせる記載があれば整骨院費用は認められやすいです。
  • 医師の口頭での指示同意の場合、証明がしにくいことがあります。証明できない場合、整骨院費用をめぐりトラブルとなることもあります。

過去の具体的な事例

東京地方裁判所令和元年8月27日判決

【結論】

  • 整骨院の6カ月の施術費の75%を認めた

【理由】

  • 整骨院での施術について医師の指示がない
  • 通院頻度が6カ月で106回と多い(施術費合計は64万)
  • 医師が診断した病名についての施術をしている
  • 施術に一定程度の効果あり

京都地方裁判所令和2年4月13日判決

【結論】

  • 4カ月間45回の通院のうち、左膝の施術費を除く21万円を認めた

【理由】

  • 自賠責保険が施術費を否定
  • 右第5中手骨骨折(14級9号の後遺障害)、左膝部打撲の傷病名
  • 右手小指は整骨院と並行して病院での通院治療
  • 整骨院での施術を受けていることを医師に報告して症状管理を受けている
  • 整骨院での施術によって症状の改善がみられる

京都地方裁判所平成30年7月19日判決

【結論】

  • 整骨院の費用約80万円全額を認めた

【理由】

  • 頚部捻挫腰部捻挫の傷病名
  • 病院での理学療法を受けながら並行して整骨院へ5か月通院
  • 事故態様が比較的重大事故
  • 整骨院での施術で疼痛運動制限は徐々に軽減
  • 症状固定時に後遺障害申請はしたが非該当

まとめ

  • 整骨院等の通院の場合、医師の指示・同意をもらっておきましょう。
  • ①施術の必要性、②施術の有効性、③施術内容の合理性、④施術期間の合理性、⑤施術費の相当性の5つを満たした場合、整骨院等の費用は認められます。

関連リンク