メニュー
交通事故知識ガイド損害賠償の知識

交通事故の過失相殺とは

過失相殺とは

解説者の弁護士大澤一郎

過失相殺とは、事故現場の状況や車両や歩行者の移動の状況によって、被害者側にも過失があると判断されてしまい、保険金請求・損害賠償請求の際に相殺されることを言います。

実際には、交通事故の場合、追突事故や一方当事者が停止中の事故などを除き、一方的に加害者のみに非があると認定されることは少なく、残念ながら、被害者にも過失があると認定されるケースが多いと言えます。(過失相殺)

仮に被害者に1,000万円の損害額が発生している場合、過失相殺が2割と認定されると、800万円しか受け取れないことになります。過失相殺(過失割合)の判断は、過去の裁判例を元に作られた過失割合に準拠して行われます。

保険会社等もそれを元に、過失割合を主張してきます。

しかし、過失相殺についても、保険会社や加害者側の弁護士の説明が必ずしも正しい訳ではありません。
当事務所では、被害者の立場で正しい過失相殺の割合を計算し、正しい損害賠償を受け取れるようにしていきます。
「過失割合はどうやって決めるのか」というご質問もよくお受けします。その回答としては①当事者間の合意によって決める、話し合いがまとまらなければ②裁判所等の第三者に決めてもらうということになります。①話し合いの前提としては、過去の同様の事例の裁判例が参考になります。特に過失割合の点について過去の裁判例を分析して事故類型ごとにまとめた別冊判例タイムズ38「民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準」(「緑の本」と言ったりすることもあります)がありますので、同内容を分析することが不可欠です。

過失割合については、基本となる過失割合、過失割合の修正要素等の専門的な判断が必要な要素が多数あります。また、過失割合については随時新しい裁判例によってその内容が変動していきます。
過失割合についての詳細は弁護士等の法律の専門家にお問い合わせ下さい。

過失割合については、インターネット等で適当に調べて判断してはいけません。私たちの経験上、保険会社の提案する過失割合が正当であったケースもありますが、明らかに保険会社が自らに有利な過失割合を主張しているケースも多々あります。

他方、保険会社が自らに標準よりも不利な過失割合を最初から提案してきたケースはほとんどありません。過失割合に関しては、基本となる過失割合の問題に加えて、修正要素という過失割合を修正する事項もありますので、交通事故における過失割合については専門家にお問い合わせされることをお勧めします。

【動画で見る交通事故】交通事故における過失相殺

今回は「交通事故の過失相殺において大事なこと」を説明します。
交通事故においては「過失割合 何体何というような話がよく聞かれます。この割合を決めるにあたって一番大事なものは何でしょうか。
一番大事なものは証拠です。例えば車両の損傷の写真、ドライブレコーダー、防犯カメラの画像などはその中核になる極めて重要な資料です。
これらを前提としても当事者の言い分が食い違うこともあります。その場合「警察が作成した実況検分調書などの第三者が作成した資料」は極めて重要です。もちろん裁判警察の資料が間違っていたとかそういう事例はたくさんあります。ただ、原則として、「警察が作った資料は第三者が作った資料である」として、裁判所は信用する傾向にありますので、正しく事故状況を警察に伝える必要があります。
たとえば、「実況見分に一緒に立ち会う」とか、「事故の状況について、警察官の言っていることと自分の認識が違っていれば、きちんと事実関係を伝える」特にこれは事故直後の早い時期に行う必要があります。後になって当時の状況が違っているといっても、警察は普通取り上げてくれませんので、事故直後もしくは実況見分調書作成の前に警察に自分の意見を正しく伝えましょう。
今回は交通事故と過失相殺について解説しました。
(解説 : 弁護士 大澤 一郎)