メニュー
交通事故知識ガイド交通事故問題解決の流れ

交通事故で怪我をした場合いつ弁護士に相談すべきか?

相談時期のポイント

解説者の弁護士大澤一郎

交通事故で怪我をした場合いつの時点で弁護士に相談すべきでしょうか?

実は後遺障害が残りそうな事故の場合には、事故直後のご相談が一番皆様にとって理想です。

また、事故から期間が経過していても、できるだけ早めに弁護士に相談した方がよりよい補償を受けることができる確率が高くなります。

なぜ事故直後の相談が一番よいのか?

交通事故(特に人身事故)の場合、事故直後の対応を誤ってしまうと取り返しのつかないことになってしまいますことがあります。例えば以下のような点です。

  • どこの医療機関に通院すればよいか?
  • 医師への症状の訴え方はどうすればよいか?
  • 健康保険利用・相手の任意保険利用・労災保険利用のどれを選ぶか?
  • 物損部分の示談を先行してよいか?
  • 現場検証の際に警察にどのように説明すればよいか?
  • 事故直後の証拠の確保をどのようにすればよいか?
  • 被害者が意識不明になってしまったが成年後見などどのように対応すればよいのか?
  • 加害者に対する対応はどうすればよいか?
  • 相手保険会社に対する対応はどうすればよいか?

等…そのため、交通事故直後のご相談が一番理想です。

事故直後のご相談でなくても大丈夫です

既に事故から期間がたってしまっている場合はどうでしょうか。
この場合でも、できるだけ早期に後遺障害が残りそうな場合には弁護士に相談することが必要不可欠です。治療中でも以下のような点に弁護士は対応することができます。

  • 治療中だが今後のことについてよくわからないことが多いので弁護士に聞いてみたい。
  • 今の通院している医療機関や通院方法が適切なのか知りたい。
  • 治療中の病院やリハビリについて悩んでいるので相談したい。
  • 治療費打ち切りと保険会社に言われてしまって困っているので相談したい。
  • 後遺障害診断書の作成についてのアドバイスが欲しい。
  • 後遺障害の等級認定の仕組みについて詳しく知りたい。
  • 後遺障害等級の異議申立をしたい。

今までの治療経緯に鑑み、その時点で一番よい方法を弁護士はご提案することができます。

治療が終わってから来て下さいと言われました・・・

交通事故を専門的に多く取り扱っていない事務所の場合、問い合わせの電話をしても「治療が終わってから来て下さい」という回答がされることがあります。
交通事故に詳しくない事務所は、後遺障害の認定や事故直後の初動の対応についての知識・経験が不十分なことが多いのです。

他方、当事務所は事故直後からの交通事故の相談につき業界紙(月刊ベストファーム)から取材も受けるなど、弁護士の中でも特に事故直後からのご相談を重視しています。

当事務所の相談体制

私たちの事務所では、ご相談のほぼ8割から9割が治療中又は後遺障害診断書作成前のご相談です。
事故直後のご相談も多いです。(もちろん、後遺障害等級認定済の方や異議申立の方のご相談もあります。) そもそも、交通事故の被害者の皆様にとって一番大切なことは、交通事故前の状態にできるだけ体を戻すことです。

そして、残念ながら後遺障害が残ってしまったような場合には、できるだけ適正な保険金を受け取ることにより経済的な面だけでもできるだけ交通事故前の状態に戻すことです。

適正な保険を受け取るために重要なことは、事故後できるだけ早い時期から適切な治療・検査を行い、万が一後遺障害が残ってしまった場合の後遺障害認定に備えることです。
高次脳機能障害・むちうち・腰の痛み・肩・腕・足の動く範囲の制限や痛みやその他の後遺障害など、後遺障害には様々なものがあります。皆様の個別の怪我の事情によって、今後皆様がすべきことは異なってきます。

「怪我を治すこと」と「適正な補償を受け取ること」の2つの目的を達成するために、一度当事務所へのご相談をお勧めします。
ご相談いただいたとしても依頼をする必要はありませんし、他の法律事務所複数を回って依頼する事務所を決めていただいても全く構いません。

皆様ができるだけ交通事故前の状態に戻れることを私たちの事務所では応援します。

【動画で見る交通事故】事故直後に弁護士に相談する理由

今回は「事故直後に弁護士に相談する理由」を説明します。
(解説:弁護士 大澤 一郎)

関連リンク