後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド交通事故問題解決の流れ

解決までの流れステップ1

STEP1. 事故発生時の対応

事故発生直後にすべきことをしておかないと、不利になることがあります!
加害者対応、警察対応、病院対応、保険会社対応を冷静に行いましょう。

事故発生時の加害者への対応

事故発生時の加害者対応

  • 加害者も怪我をしていることがあります。まずは加害者の怪我を確認しましょう。
  • 加害者の名前・住所・電話番号を確認しましょう。
  • 加害者が逃げようとする場合、ナンバープレートを覚えましょう。車種・車の色も覚えておくとよいです。

事故発生時の警察対応

事故発生時の警察対応

  • 110番通報をして警察を呼びましょう。警察を呼ばないと事故があったこと自体を証明できなくなる可能性があります。
  • 警察には事実を正しく伝えましょう。最初に警察に説明した内容を後で変更することは一般的には難しいです。
  • 怪我をしている場合、物損事故(物件事故)ではなく人身事故にすることをお勧めします。

事故発生時の病院対応

事故発生時の病院対応

  • 怪我をしている場合、病院へ通院しましょう。
  • 事故当日中の通院をお勧めします。事故と初回通院日に開きがある場合、事故と関係のない通院であると保険会社に指摘されることがあります。
  • 最初の通院は整骨院ではなく病院をお勧めします。整骨院の場合、医師と異なり診断書等の作成ができません。

事故発生時の保険会社対応

  • 加害者が加入する保険会社を加害者から聞きましょう。保険会社には自賠責保険会社と任意保険会社がありますが、任意保険会社を聞きましょう。自賠責保険会社は交通事故証明書を取得すれば後日わかります。
  • 自分の保険会社にも連絡をしておきましょう。今後適用できる保険があったり、示談交渉についてのアドバイスをしてくれたりすることがあります。

事故発生時のその他重要な対応

  • 同乗者に怪我がないかどうか確認しましょう。
  • 車両を安全な場所へ移動させましょう。
  • 目撃者がいる場合、その場で目撃者の電話番号を聞いておきましょう。あとで加害者が嘘をついてきた場合でも、目撃者がいれば加害者の嘘に簡単に反論できます。
  • 安易に賠償の約束をしたり念書を作成したりしないようにしましょう。
  • 自分の車にドライブレコーダーがある場合、画像を保管しておきましょう。
  • 相手の車にドライブレコーダーがあるかどうか、可能であれば聞いておきましょう。
  • 弁護士費用が出る保険(弁護士費用特約)に入っていないかどうか確認しましょう。
  • 冷静な対応を心がけましょう。不利になることを防げる確率が高まります。

事故発生時のよくある質問

Q 相手が逃げてしまいみつかりません。どうすればよいですか。

  • 加害者がみつかるかどうかは何とも言えないところです。目撃した際の情報を警察に伝え、警察に捜査をお願いしましょう。
  • 加害者が最終的に見つからない可能性もありますので治療費は健康保険の利用をお勧めします。
  • 自らが加入する自動車事故の保険や労災保険が使えないかどうかも検討しましょう。労災保険は通勤中又は業務中の事故の場合に使えます。

Q 人身事故と物損事故(物件事故)のどちらにすればよいですか。

怪我をしているのであれば人身事故にすることをお勧めします。人身事故・物損事故のメリットは以下の通りです。

人身事故のメリット

  • 怪我をした事実が証明しやすくなります。
  • (個別具体的な事案によりますが)通院期間が長く認められる確率が高くなります。
  • (個別具体的な事案によりますが)後遺障害が認められる確率が高くなります。

物損事故のメリット

  • 後日の警察立会での現場での書類作成などの負担を減らせます。
  • 自分にも落ち度がある場合、違反点数が少なくなることがあります。

事故発生直後の特に重要な事項のまとめ

  • 関係者の怪我の状況を確認しましょう。
  • 車を安全な場所に移動させましょう。
  • 警察への110番通報をしましょう。
  • 自分の任意保険会社に連絡をしましょう。
  • 加害者の名前・住所・連絡先を把握しましょう。
  • 事故状況を正しく警察に伝えましょう。
  • (怪我をしている場合)病院に当日中に行きましょう。