メニュー
交通事故知識ガイド交通事故問題解決の流れ

解決までの流れステップ2

警察や相手方との対応

警察との対応

警察の捜査

事故の被害にあった場合には、必ず警察を呼びましょう。保険金請求をする場合や後遺障害申請をする場合には警察が事故の状況を確認した上で作成する交通事故証明書が必要となります。
また、事故状況については正確に警察に説明しましょう。
後日、事故の状況や過失割合が争いとなった場合には、警察が作成する実況見分調書や物件事故報告書の記載内容が重要な証拠となります。

後日「警察に正しく事実を伝えていなかった」と主張しても信用してもらうことは簡単ではありません。

加害者との対応

加害者対応

加害者の住所・氏名・連絡先や保険の加入状況はできるだけ早期に聞いておきましょう。
また、加害者が自賠責保険未加入、任意保険未加入などの場合には、加害者が運転していた車両の所有者や職場の連絡先などを聞いておいた方がよいこともあります。

保険会社との対応

保険会社の担当者

通常、加害者が任意保険に加入している場合には、加害者加入の任意保険会社から連絡があるはずです。今後の治療のことなどについて説明し、治療に専念できる体制をまずは整えましょう。
また、仕事を休まざるをえない場合には休業損害のことについても任意保険会社に説明しましょう。

弁護士へのご相談について

警察の対応に納得できない!、加害者の対応に納得できない!、保険会社の対応に納得できない!と感じられた際には、早めに弁護士へのご相談をすることをお勧めします。

関連リンク