メニュー

よつばの特長事故直後・症状固定前から相談可

事故直後からの治療アドバイス・等級認定のサポート体制有

当事務所では事故直後からのご相談が可能な体制が整っています

事故直後の対応、治療へのアドバイス、等級認定のサポートを行っていない法律事務所もあります。当事務所では事故直後からのご相談が可能な体制が整っています。

特に後遺障害が残るような事案は、事故直後の対応や症状固定前の対応によって全く結果が変わってきます。極端な話、いくら実際に後遺障害が残っていても医師が診断書に全く記載していなければ、保険会社は後遺障害はないと判断します。また、いくら実際に後遺障害が残っていても検査結果のデータがなければ保険会社は後遺障害がないと判断する確率が高いです。

これが残念ですが現実です。

少し理屈っぽくなりますが、「後遺障害があるかないか」よりも、「後遺障害が認定されるための証拠があるかないか」が重要なのです。そのためには、医師との間の協力関係を築いて、実際の真実の後遺障害の内容を正しく証拠化することが重要となってくるのです。

このような観点からすると、事故直後・症状固定前の相談ということは極めて重要です。

今の時点で弁護士への質問が全くないとしても、後遺障害が残るような交通事故の被害にあった場合には、事故直後又はできるだけ早い段階で交通事故に詳しい弁護士に一度は無料相談すべきです。

私たちの事務所では、事故直後・症状固定前のご相談も積極的にお引き受けしています。このような法律事務所はそれほど多くないかもしれません。
しかし、繰り返しになりますが、保険会社から最終的に適切な保険金を受け取るためには、事故後比較的早い時期から、最終的な解決までを見据えておくことが重要なのです。

私たちの事務所では、事故直後、症状固定前からの相談を強くお勧めしています。

動画で見る交通事故の解説 事故直後に弁護士に相談する理由

今回は、「事故直後に弁護士に相談する理由」について、具体例を交えてお話したいと思います。

当事務所に事故直後に相談にいらっしゃった方で、その後、後遺障害の認定、裁判、までされた方は「事故直後に相談に来て良かった」と仰る方が多いです。
なぜかというと、事故直後の治療の体制、そして後遺障害の見通しの確認、過失割合についての検討、お医者さんへの必要な検査の依頼…、事故直後から後遺障害の申請手続きまでの間にすべきことがあり、これらについても弁護士がサポートをさせていただいた上で一つ一つクリアしていけたことがあるからだと考えます。

もちろん事故直後でなくても、治療中、後遺障害認定前、後遺障害認定後、できるだけ早い段階で弁護士に相談した方がいいことは間違いありません。特に一番いいのが事故直後のご相談ということです。

交通事故に遭った直後、入院中や治療初期の段階では、これからどうしていくかという選択肢が非常に多いです。今後の見通しを把握することで一番、被害者の皆様にとっていい解決ができる確率が高くなります。
なお、どのタイミングで弁護士が代理することが、被害者の皆様にとって良い解決になるかどうかは、事案により異なる場合があります。
(解説:弁護士 大澤 一郎)

動画で見る交通事故 事故直後に相談する理由①治療費について

今回は「事故直後に相談する理由①治療費について」を説明します。
(解説:弁護士 大澤 一郎)

動画で見る交通事故 事故直後に相談する理由②病院の検査について

今回は「事故直後に相談する理由②病院の検査について」を説明します。
(解説:弁護士 大澤 一郎)