メニュー
交通事故知識ガイド交通事故問題解決の流れ

解決までの流れステップ4

治療費打ち切り(※保険会社から治療費の打ち切りを告げられた場合のステップ)

治療費打ち切りの話が出てくる時期

解説者の弁護士大澤一郎
事故後治療を続けていると、どこかの段階で保険会社から治療費打ち切りの話が出て来ることがあります。
基本的には医師の判断が尊重されるべきですが、例えば、頚椎捻挫・腰椎捻挫(むちうち症状)などでは3カ月前後で治療費打ち切りの話が少しずつ出てくることが多いです。また、後遺障害が残る可能性がある事故の場合には事故後6ヶ月前後で治療費打ち切りの話が出てくることが多いです。

治療費打ち切りの打診への対抗策

保険会社が治療費打ち切りの打診をしてきた場合、いくつかの対抗策があります。

医師に診断書などを作成していただき保険会社に治療延長を要請する方法、健康保険を利用した通院に切替等をして治療を継続する方法、症状固定として後遺障害申請をする方法などがあります。

弁護士へのご相談

治療費打ち切りの話が出てきた際にどのように対応するかは微妙な判断が求められます。治療費の支払を保険会社に要請した方がよい事案もあります。他方、症状固定として後遺障害申請をした方がよい場合もあります。微妙な判断が求められますので弁護士に相談をした方がよいでしょう。

【動画で見る交通事故】治療費の打ち切りについて

(解説 : 弁護士 大澤 一郎)

【動画で見る交通事故】休業損害の打ち切りについて

(解説 : 弁護士 大澤 一郎)