後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド損害賠償の知識

知っておきたい!交通事故の損害賠償3つの基準

交通事故の損害賠償には、自賠責保険の基準、任意保険の基準、裁判(弁護士)の基準があります。不当に低額での示談をしないよう注意しましょう。

交通事故の損害賠償の3つの基準

交通事故の損害賠償3つの基準
交通事故の損害賠償は、①自賠責保険の基準、②任意保険の基準、③裁判(弁護士)の基準の3種類があります。
通常は、①自賠責保険の基準が一番低額となり、③裁判(弁護士)の基準が一番高額となります。

①自賠責保険の基準

法律等によって決められた基準です。
基準の詳細は、自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準をご覧ください。
参考:損害保険料率算出機構 自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準

②任意保険の基準

任意保険会社が定めた独自の基準です。保険会社ごとに独自の基準を利用しており非公表が原則です。
①自賠責保険の基準と③裁判(弁護士)の基準の中間位が多いです。

③裁判の基準

過去の裁判例を元にした基準です。通称「赤い本」という本に記載されています。
赤い本の基準の詳細は、賠償額にかかわる「赤い本」と「青い本」をご覧ください。
参考:賠償額にかかわる「赤い本」と「青い本」

通院慰謝料の例

自賠責保険の基準と裁判(弁護士)の基準は次の通りとなります。
なお、任意保険の基準は両者の中間位の基準となります。

自賠責保険の基準

  • 1日につき4300円が原則となります。
  • 「1日」をどのように決めるかは、被害者の傷害の態様、実治療日数その他を勘案して治療期間の範囲内で決めることとなっています。
  • 計算の詳細は慰謝料増額のポイントをご覧ください。
    参考:慰謝料増額のポイント

裁判(弁護士)の基準

  • 通院の期間によって異なってきます。例えば、ある程度の通院日数がある場合、通院期間6カ月であれば慰謝料は89万円となります。
  • 怪我の種類、入通院の期間による一覧表は慰謝料増額のポイントをご覧ください。
    参考:慰謝料増額のポイント

休業損害の例

自賠責保険の基準と裁判(弁護士)の基準は次の通りとなります。
なお、任意保険の基準は両者の中間位の基準となります。

自賠責保険の基準

  • 1日につき6100円が原則となります。

裁判(弁護士)の基準

  • 実際に発生した損害額が原則となります。

自賠責保険基準・裁判基準Q&A

Q 自賠責保険の基準と裁判の基準で大きく金額が変わる可能性があるものは何ですか。

次の項目が大きく変わりやすいです。

・入通院慰謝料

入院・通院したことに対する慰謝料です。

・休業損害

仕事を休んだことによる損害です。

・後遺障害慰謝料

後遺障害が認められた場合の慰謝料です。

・後遺障害逸失利益

後遺障害が認められた場合の将来の収入の減少分の損害です。

Q 自賠責保険の基準と裁判の基準で上限に違いはありますか。

自賠責保険の基準には上限があります。
具体的には傷害分120万円、後遺障害分が原則として3000万円となります。
他方、裁判の基準には上限はありません。

Q 自賠責保険の基準と裁判の基準で過失相殺の違いはありますか?

次のような違いがあります。

自賠責保険の基準(傷害分)

次のような割合でのみ減額されます。
裁判の基準より自賠責保険の基準がこの点は有利です。

  • 被害者の過失が70%未満の場合 減額されません。
  • 被害者の過失が70%以上100%未満の場合 20%だけ減額されます。

自賠責保険の基準(後遺障害分)

次のような割合でのみ減額されます。
裁判の基準より自賠責保険の基準がこの点は有利です。

  • 被害者の過失が70%未満の場合 減額されません。
  • 被害者の過失が70%以上80%未満の場合 20%だけ減額されます。
  • 被害者の過失が80%以上90%未満の場合 30%だけ減額されます。
  • 被害者の過失が90%以上100%未満の場合 50%だけ減額されます。

裁判の基準

実際の過失相殺の割合で減額されます。

交通事故の損害賠償の3つの基準のまとめ

  • 交通事故の損害賠償には、①自賠責保険の基準、②任意保険の基準、③裁判(弁護士)の基準があります。
  • 通常は、①自賠責保険の基準が一番金額が低く、③裁判(弁護士)の基準が一番金額が高いです。②任意保険の基準は両者の中間位となります。
  • 慰謝料や休業したことによる損害などで大きな差が出ることがあります。
  • 弁護士費用特約付の保険に加入の場合、弁護士への相談・依頼をお勧めします。