メニュー
交通事故知識ガイド賠償額にかかわる「赤い本」と「青い本」

帰国費用・その他費用

赤い本

海外からの帰国費用等を認めた事例、海外からの被害者の搬送費用を認めた事例、渡航費用を認めた事例、外国の大学への留学費・航空運賃・語学研修費等を認めた事例、事故による旅行等のキャンセル料を認めた事例、就学資金返還を認めた事例、ペットの飼育費用を認めた事例、親族の治療費を認めた事例等がある。

青い本

入院時の外部との連絡費用、自宅における家政婦費用、ペットの保管料、旅行のキャンセル料、引っ越し料を認めた事例等がある。

自賠責

特別の言及なし。

解説

(1)交通事故における損害賠償項目については多数の項目があります。慰謝料・逸失利益等が通常は高額になることが多いので、慰謝料・逸失利益の増額を目指すことが第一には望ましいと思われます。

(2)ただし、損害の項目・額によっては、その他の損害賠償請求として適切な金額の賠償が認められる場合もありますので、その点も考慮すべき場合があります。

事例

(1)旅行者主催の海外ツアーのキャンセル料21万円余が認められた。

(2)入院期間(114日)中飼育していた犬3匹を知人に預けたため支払った費用のうち10万円を損害として認められた。

(3)母親の死亡により、子が留学先の米国から帰国した際の交通費23万円余が認められた。