後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド各損害の損害賠償基準の詳細解説

慰謝料・死亡事故

慰謝料・死亡事故についての損害賠償の基準

損害賠償の基準

(赤い本と青い本は賠償基準をまとめた本です。自賠責保険は加入義務のある保険です。)

赤い本の損害賠償基準

  • 一家の支柱  2,800万円
  • 母親配偶者  2,500万円
  • その他  2,000万円から2,500万円
  • 本基準は具体的な斟酌事由により増減されるべきで、一応の目安を示したものである。

青い本の損害賠償基準

  • 死亡による慰謝料は、死者の年齢、家族構成などにより、原則として下記の金額の範囲で決定する。
  • 一家の支柱の場合 2,800万円から3,100万円
  • 一家の支柱に準ずる場合 2,500万円から2,800万円
  • その他の場合 2,000万円から2,500万円

自賠責保険の損害賠償基準

  • 死亡本人の慰謝料は400万円とする。
  • 慰謝料の請求権者は、被害者の父母(養父母も含む)、配偶者及び子(養子認知した子及び胎児を含む)とし、その額は、請求権者1人の場合には550万円とし、2人の場合には650万円とし、3人以上の場合には750万円とする。
  • 被害者に被扶養者がいるときは、上記金額に200万円を加算する。

死亡事故の慰謝料Q&A

Q一家の支柱とは何ですか?
A被害者世帯が主として被害者の収入によって生計を維持している場合をいいます。
Q一家の支柱に準ずる場合とは何ですか?
A一家の支柱に近い場合です

【解説】
次のような場合が一家の支柱に準ずる場合と考えられます。

  • 家事の中心をなす主婦
  • 養育を必要とする子供を持つ母親
  • 独身者であっても高齢な父母や幼い兄弟を扶養していたり、仕送りしたりしている場合
Q基準の金額は死亡した本人だけの金額ですか?
A基準の金額は死亡した本人だけの金額ではありません。近親者の慰謝料も併せた金額です。

【解説】
例えば、基準となる死亡慰謝料が2800万円の場合、以下のような配分となります。

  • 死亡した本人 2200万円
  • 配偶者     400万円
  • 子供      200万円
Q死亡した本人の慰謝料と近親者の慰謝料の分配はどのように決められますか?
A遺族間の内部の事情を考慮して個別に決められます。
Q近親者の慰謝料は誰に認められますか?
A被害者の父母、配偶者、子供に認められることが多いです。

【解説】

  • 被害者の兄弟姉妹にも慰謝料が認められる可能性があります。

過去の具体的な事例

千葉地方裁判所松戸支部平成27年7月30日判決

【結論】

  • 合計3250万円が認められた

【理由】

  • 会社員男性46歳の死亡事故
  • 一家の支柱
  • 本人2800万、妻250万、子2人各100万で合計3250万円

東京地方裁判所令和2年3月3日判決

【結論】

  • 合計2800万円が認められた

【理由】

  • 主婦33歳女性の死亡事故
  • 小学生2人と同居
  • 事故の7日後から病院臨時職員として勤務する予定
  • 本人2400万、子供各200万で合計2800万円

宇都宮地方裁判所平成23年3月30日判決

【結論】

  • 合計3300万円が認められた

【理由】

  • 中学生女性15歳の死亡事故
  • 本人分2200万、父母各250万、祖父母姉妹3名各120万で合計3300万円

名古屋高等裁判所平成29年9月28日判決

【結論】

  • 合計3300万円が認められた

【理由】

  • 小学生男子9歳の死亡事故
  • 本人分2400万、父母各300万、兄2名各150万の合計3300万円

福岡地方裁判所令和3年2月4日判決

【結論】

  • 合計2800万円が認められた

【理由】

  • 年金収入がある兼業主婦79歳の死亡事故
  • 監査役を務める会社で仕事に従事
  • 本人2200万、夫200万、子4名各100万の合計2800万円

まとめ

  • 死亡慰謝料の基準額は、一家の支柱2,800万円、母親・配偶者2,500万円、その他2,000万円から2,500万円となります。
  • 上記基準は死亡者本人と近親者の慰謝料を合算した金額です。

関連リンク