メニュー
交通事故知識ガイド賠償額にかかわる「赤い本」と「青い本」

遅延損害金について

赤い本(遅延損害金)

事故日から起算する。

青い本(遅延損害金)

損害賠償額全体(弁護士費用を含む)について、事故日から遅延損害金が発生する。

自賠責

特別の基準なし。

解説

(1)損害は不法行為時に発生することが原則のため、弁護士費用を含む全ての損害について、事故時からの遅延損害金が発生します。

(2)自賠責保険に関する被害者請求の損害賠償額の支払い債務については、請求がなされたときに遅滞に陥るとされています。

(3)政府保障事業に対する填補金請求も、請求がなされたときに遅滞に陥るとされています。

(4)裁判所での和解の場合には、事案によって異なりますが、和解案の中で遅延損害金の一部を認めた和解案が提案されることがあります。

(5)交通事故の事案の場合、判決だと年5%の遅延損害金が認められます。ここで難しいのが裁判を起こした場合で裁判所から和解案が出たときにそれに応じるかどうかです。

判決だと年5%の遅延損害金が出ますが、和解と判決を比べて和解案の方が有利又は確実に一定額を取得できるという時もあります。
遅延損害金をもらう方が得かどうかは交通事故の事案の場合、専門家とよく検討しながら進める必要があります。

事例

(1)弁護士費用の遅延損害金についても、事故日から起算するものと認められた。

(2)自賠責保険で支払われた保険金相当額に対する、事故発生日から自賠責保険支払日までの遅延損害金請求が認められた。

(3)自賠責保険金等が支払時における損害金の元本及び遅延損害金の全部を消滅させるに足りないときは、遅延損害金の支払債務にまず充当されるものであるとされた。