メニュー
交通事故知識ガイド賠償額にかかわる「赤い本」と「青い本」

慰謝料・後遺症について

赤い本(慰謝料・後遺症)

被害者本人の後遺症慰謝料は以下の通りとする。
1級2,800万円、2級2370万円、3級1,990万円、4級1,670万円、5級1,400万円、6級1,180万円、7級1,000万円、8級830万円、9級690万円、10級550万円、11級420万円、12級290万円、13級180万円、14級110万円。

青い本(慰謝料・後遺症)

後遺症の慰謝料は、後遺障害等級ごとに下記の金額とする。
1級2,700万円~3,100万円、2級2,300万円~2,700万円、3級1,800万円~2,200万円、4級1,500万円~1,800万円、5級1,300万円~1,500万円、6級1,100万円~1,300万円、7級900万円~1,100万円、8級750万円~870万円、9級600万円~700万円、10級480万円~570万円、11級360万円~430万円、12級250万円~300万円、13級160万円~190万円、14級90万円~120万円。

自賠責

(1)自動者損害賠償保障法施行令別表第1の場合
1級1,600万円、2級1,163万円
(2)自動車損害賠償保障法施行令別表第2の場合
1級1,100万円、2級958万円、3級829万円、4級712万円、5級599万円、6級498万円、7級409万円、8級324万円、9級245万円、10級187万円、11級135万円、12級93万円、13級57万円、14級32万円。

解説

(1)自賠責後遺障害等級表に該当するものを慰謝料算定の対象としますが、該当しない程度の障害でもその部位程度によっては慰謝料が認められることがあります。

(2)原則としては自賠責後遺障害等級によって慰謝料額が大きくことなるため、まずは、適切・正確な認定を受ける必要があります。

(3)重度の後遺症の場合や介護を要する場合には親族にも固有の慰謝料が認められることがあります。

(4)自賠責14級に至らない後遺障害があった場合であっても、傷害の程度に応じた慰謝料が認められることがあります。

(5)納得いかない後遺障害等級認定では納得いく慰謝料額を得ることは困難です。等級認定に対する異議申立を積極的に行う必要があります。

(6)例えば、14級9号の後遺症が認定されるか、非該当となるかの境目は以下のような項目も関係してくると考えられています。

ア 警察への届出が物損か人身か。
イ 病院への通院回数(後遺症14級になるには、病院への通院回数100回以上が望ましいと考えられています。)
ウ 神経学的検査(後遺症認定のためには神経学的検査が重要です。)
エ 画像所見(後遺症を裏付ける画像所見があると有利になります。)
オ 痛みの一貫性(後遺症認定に至るまで一貫した痛みを訴えていることが重要になります。)

(7)後遺症が何級何号となるかによって、慰謝料の額は大幅に変わってきます。裁判で争う前に、等級認定及び等級認定の異議申立をすることをお勧めします。(ただし、時効期間の経過には注意しましょう)

事例

(1)植物状態(1級3号)の短大生(女性・18歳)につき、傷害分500万円の外、本人分3,000万円、父母分各300万円の後遺障害分3,600万円が認められた。

(2)小学3年、4年程度への知能低下(5級)の中学生(女性・13歳)につき、傷害分330万円、後遺障害分1,750万円が認められた。

ここでは、後遺症の慰謝料について解説しました。詳細は弁護士等の法律の専門家にご相談下さい。