後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド各損害の損害賠償基準の詳細解説

慰謝料・後遺障害

慰謝料・後遺障害についての損害賠償の基準

損害賠償の基準

(赤い本と青い本は賠償基準をまとめた本です。自賠責保険は加入義務のある保険です。)

赤い本の損害賠償基準

1級…2,800万円
2級…2,370万円
3級…1,990万円
4級…1,670万円
5級…1,400万円
6級…1,180万円
7級…1,000万円
8級……830万円
9級……690万円
10級……550万円
11級……420万円
12級……290万円
13級……180万円
14級……110万円

青い本の損害賠償基準

1級…2,800万円~3,100万円
2級…2,300万円~2,700万円
3級…1,800万円~2,200万円
4級…1,500万円~1,800万円
5級…1,300万円~1,500万円
6級…1,100万円~1,300万円
7級……900万円~1,100万円
8級……750万円~ 870万円
9級……600万円~ 700万円
10級……480万円~ 570万円
11級……360万円~ 430万円
12級……250万円~ 300万円
13級……160万円~ 190万円
14級………90万円~ 120万円

自賠責保険の損害賠償基準

⑴後遺障害に対する慰謝料等の額は、該当等級ごとに掲げる金額とする。

①自動車損害賠償保障法施行令別表第1の場合

第1級…1,650万円
第2級…1,203万円

②自動車損害賠償保障法施行令別表第2の場合

第1級…1,150万円
第2級……998万円
第3級……861万円
第4級……737万円
第5級……618万円
第6級……512万円
第7級……419万円
第8級……331万円
第9級……249万円
第10級……190万円
第11級……136万円
第12級………94万円
第13級………57万円
第14級………32万円

⑵①自動車損害賠償保障法施工令別表第1の該当者であって被扶養者がいるときは、第1級については1,850万円とし、第2級については1,373万円とする。
 ②自動車損害賠償保障法施工令別表第2第1級、第2級又は第3級の該当者であって被扶養者がいるときは、第1級については1,350万円とし、第2級については1,168万円とし、第3級については1,005万円とする。

⑶自動車損害賠償保障法施工令別表第1に該当する場合は、初期費用として、第1級には500万円を、第2級には205万円を加算する。

後遺傷害分の慰謝料Q&A

Q赤い本と青い本の基準ではどちらが使われることが多いですか?
A赤い本の基準を使うことが多いです。

【解説】

  • 赤い本の基準を原則としつつも、個別の事情に応じて慰謝料が増額となることがあります。
Q自動車損害賠償保障法施行令の「別表第1」「別表第2」とは何ですか?
A別表第1は介護を要する次のような後遺障害となります。その他は別表第2となります。

  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの(後遺障害等級1級1号)
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの(後遺障害等級1級2号)
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの(後遺障害等級2級1号)
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの(後遺障害等級2級2号)
Q傷害分の慰謝料と後遺障害分の慰謝料の違いは何ですか?
A傷害分の慰謝料は後遺障害の有無に関係なく、入通院の回数や期間によって認められる慰謝料です。後遺障害分の慰謝料は後遺障害が認定されたことに伴って認められる慰謝料です。
Q後遺障害慰謝料は実際どの位の基準での解決が多いですか?
A裁判の場合、赤い本の基準の金額を前提とした解決となることが多いです。交渉の場合は事案によりますが、赤い本の基準より若干少ない金額を前提とした解決となることもあります。

【解説】

  • 紛争処理センターでの解決の場合、赤い本の基準の金額を前提とした解決となることが多いです。
Q後遺障害の場所が複数ある場合慰謝料が増額されることはありますか?
A裁判の場合にはありえます。交渉の場合には一般的には難易度は高いでしょう。

【解説】

  • 後遺障害の場所が複数あるにもかかわらず、後遺障害等級が変わらないということがあります。例えば、14級の後遺障害が2つあっても後遺障害は結局併合14級です。このような場合、後遺障害の場所が複数あることを理由として後遺障害慰謝料が増額されることがあります。
  • 他方。後遺障害の場所が複数あることにより後遺障害等級が上がるということがあります。例えば、12級の後遺障害が2つあると後遺障害等級は併合11級となります。このような場合、後遺障害の場所が複数あることを理由として後遺障害慰謝料が増額される可能性は一般には低いです。

過去の具体的な事例

京都地方裁判所平成30年3月19日判決

【結論】

  • 後遺障害慰謝料150万円が認められた

【理由】

  • 54歳のトラック運転手
  • 左頚部痛等(後遺障害等級14級)、腰背部痛等(後遺障害等級14級)、左耳鳴(後遺障害等級14級)の併合14級の後遺障害
  • 後遺障害の部分が3つあることを考慮して標準の110万円ではなく150万円が認められた

まとめ

  • 後遺障害慰謝料は赤い本の基準が原則となります。
  • 個別の事情に応じて、後遺障害慰謝料が増額となることもあります。

関連リンク