後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド各損害の損害賠償基準の詳細解説

逸失利益の基礎収入

逸失利益の基礎収入についての損害賠償の基準

損害賠償の基準

(赤い本と青い本は賠償基準をまとめた本です。自賠責保険は加入義務のある保険です。)

赤い本の損害賠償基準

  • 逸失利益の算定は、労働能力の低下の程度、収入の変化、将来の昇進転職失業等の不利益の可能性、日常生活上の不便等を考慮して行う。
  • 基礎収入算定の基礎となる収入は、原則として事故前の現実収入を基礎とするが、将来、現実収入額以上の収入を得られる蓋然性があれば、その金額が基礎収入となる。
  • 現実収入額が賃金センサスの平均賃金を下回っていても、将来、平均賃金程度の収入を得られる蓋然性があれば、平均賃金を基礎収入として算定すればよい。

青い本の損害賠償基準

  • 基礎収入額は、原則として事故前の現実収入額とし、現実収入額以上の収入を将来得られると認められれば、その金額を算定基礎とする。

自賠責保険の損害賠償基準

  • 1 事故前1年間の収入額と後遺障害確定時の年齢に対応する年齢別平均給与額の年相当額のいずれか高い額を収入額とする。
  • 2 ただし、以下の場合には次の金額を収入額とする。
    ①35歳未満であって事故前1年間の収入を立証することが可能なもの
    事故前1年間の収入額、全年齢平均給与額の年相当額及び年齢別平均給与額の年相当額のいずれか高い額
    ②事故前1年間の収入を立証することが困難な者
    35歳未満の者
    全年齢平均給与額の年相当額又は年齢別平均給与額の年相当額のいずれか高い額
    35歳以上の者
    年齢別平均給与額の年相当額

逸失利益の基礎収入Q&A

Q逸失利益はどのように計算しますか?
A基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間で決めます。

【解説】

  • 労働能力喪失率とは「事故前と比較して何パーセント働けなくなったか?」という割合です。後遺障害の等級ごとに基本となる割合が決められています。
  • 労働能力喪失期間とは「あと何年働けるか?」という期間です。詳細は、逸失利益算定に関する就労可能年数の解説をご参照下さい。
Q仕事の有無や内容によって基礎収入の計算方法は変わってきますか?
A変わってきます。次の解説をご参照下さい。

Q逸失利益の具体的な計算例を教えて下さい。
A年収600万円の給与所得者、45歳、後遺障害等級10級(労働能力喪失率27%)の場合、以下の計算式となります。
600万円×27%×15.9369(22年のライプニッツ係数)
=2581万7778円
Qライプニッツ係数とは何ですか?
A 「30年後にもらう100万円」と「今もらう100万円」は、「今もらう100万円」の方が価値が高いということに基づくルールです。具体的なライプニッツ係数の数字は参考サイトをご参照下さい。
参考サイト:イーデザイン損保 ライプニッツ係数のご案内
Q若年者の場合、逸失利益の基礎収入はどのように計算しますか?
A30歳未満の場合、実収入が少なくても全年齢平均の賃金センサスを使うことが多いです。

過去の具体的な事例

東京地方裁判所平成25年3月19日判決

【結論】

  • 賃金センサス男性学歴計全年齢平均523万200円を基礎収入とすることが認められた

【理由】

  • 高卒ガソリンスタンド勤務の22歳男性
  • 事故前年の収入は206万
  • 危険物取扱者の資格あり

東京地方裁判所平成27年2月24日判決

【結論】

  • 賃金センサス男性高卒全年齢平均458万8900円を基礎収入とすることが認められた

【理由】

  • 27歳男性会社員
  • 脊柱変形及び右手関節可動域制限及び右手指痛(後遺障害等級併合10級)
  • 年齢、学歴(専門学校卒)、実収入額を総合考慮すると、将来にわたり賃金センサス男性高卒全年齢平均458万8900円を得る蓋然性あり

まとめ

  • 逸失利益の算定は、労働能力の低下の程度、収入の変化、将来の昇進・転職・失業等の不利益の可能性、日常生活上の不便等を考慮して行います。
  • 基礎収入算定の基礎となる収入は、原則として事故前の現実収入を基礎とします。

関連リンク