メニュー
交通事故知識ガイド賠償額にかかわる「赤い本」と「青い本」

葬儀関係費用

赤い本

葬儀費用は原則150万円。ただし、150万円を下回る場合には、実際に支出した額。
香典については損益相殺を行わず、香典返しは損害と認めない。

青い本

130万円から170万円。

自賠責

(1)葬祭費は60万円とする。
(2)立証資料により60万円を超えることが明らかな場合は、100万円の範囲内で必要かつ妥当な実費とする。

解説

(1)葬儀に直接関係ある賠償額以外にも、墓碑建設・仏壇購入等の費用が葬儀関係の交通事故の賠償額として認められることがあります。

(2)遺体の搬送費、遺体処置費等は、葬儀に関する保険金とは別途損害として認められることがあります。

(3)現実の支出額が上記の水準に達しない場合には、現実の支出額をもって損害とすることになります。

(4)葬儀に関する支出には様々な支出があります。それらの葬儀に関する出費についてはきちんと領収書等の証拠をとっておくことが大切です。自動的に一定の金額が葬儀に関する賠償額として認められるというわけではありません。あくまで実際にかかった額について証拠があることを前提として、必要性・相当性がある金額が葬儀に関する交通事故の損害賠償額として認められるということになります。

事例

(1)20才、男性、専門学校生の死亡につき、原告の葬儀代金187万4,100円の請求に対して、被害者が若年で葬儀代金の支出を余儀なくされた事情をも勘案して、180万円が認められた。

(2)葬儀代金の他、納棺・遺体搬送費45万円余、仏壇代金43万円余が認められた。

(3)葬儀代金とは別に、交通事故で死亡したために遺体処置費・文書料等15,800円が認められた。