後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド各損害の損害賠償基準の詳細解説

通院付添費

賠償金の基準「通院付添費」

損害賠償の基準

(赤い本と青い本は賠償基準をまとめた本です。自賠責保険は加入義務のある保険です。)

赤い本の損害賠償基準

  • 症状又は幼児等必要と認められる場合には被害者本人の損害として肯定される。この場合1日につき3300円。
  • ただし、事情に応じて増額を考慮することがある。

青い本の損害賠償基準

  • 通院付添(幼児・老人・身体障害者など必要がある場合)1日につき3000円から4000円

自賠責保険の損害賠償基準

  • 医師が看護の必要性を認めた場合に次の通りとする。
  • ただし、12歳以下の子供の通院等に近親者等が付き添った場合には医師の証明は要しない。
    (1)厚生労働大臣の許可を受けた有料職業紹介所の紹介による者
    ・立証資料により必要かつ妥当な実費とする。
    (2)近親者等
    ・1日につき2,050円とする。
    ・ただし、近親者等に休業損害が発生し、立証資料等により上記の額を超えることが明らかな場合には必要かつ妥当な実費とする。

通院付添費Q&A

Qどのような症状の場合に通院付添費が認められることが多いですか?
A症状が重症の場合などです。
Q幼児・児童の場合は通院付添費が認められることが多いですか?
A多いです。

【解説】

  • 幼児・児童の場合、症状にかかわらず入院付添費が認められることが多いです。
Q入院付添費・通院付添費以外の付添費用が認められることはありますか?
A認められることがあります。

【解説】
次のような付添費が認められる可能性があります。

  • 児童の通学付添費
  • 自宅での付添費
Q家族が付添をしました。家族の収入を元にした入院付添費は認められますか?
A認められる可能性はあります。

過去の具体的な事例

千葉地方裁判所平成28年8月30日判決

【結論】

  • 通院付添費として日額3300円、7日間で合計約2万円認められた

【理由】

  • 頭部打撲等の外傷の70代(後遺障害等級非該当)
  • 事故当時、糖尿病性網膜症のためほとんど視力を失っていた
  • 杖か盲導犬が必要
  • 付添の必要性相当性あり

東京地方裁判所平成26年11月17日判決

【結論】

  • 通院付添費として日額3300円、76日間合計約25万円が認められた

【理由】

  • 左足関節から足背にかけての痛み及び左下肢遠位部のしびれ等の56歳(後遺障害等級12級)
  • RSDが疑われる疼痛が出現
  • 自家用車による夫の送迎が明らかに不相当とは言い難い。

東京地方裁判所平成28年1月22日判決

【結論】

  • 通院付添費として日額3300円、40日間合計約13万円が認められた

【理由】

  • 左股関節の機能障害の76歳(後遺障害等級10級)
  • 退院後も歩行をするにはT字杖を使用する必要あり
  • 公共機関を利用して通院するのは困難
  • 被害者の弟が車を運転しての付添が必要

東京地方裁判所平成8年12月10日判決

【結論】

  • 通院付添費として日額1万円、6日分合計6万円が認められた

【理由】

  • 乳歯喪失の傷害の4歳
  • 通院付添のため母親が欠勤

さいたま地方裁判所令和元年12月24日判決

【結論】

  • 通学の付添などで日額5000円、497日間合計約248万円が認められた

【理由】

  • 高次脳機能障害の8歳(後遺障害等級5級)
  • 母親が通学の付添等を行っており不可欠な看護
  • 身体障害の看護は特段の必要なし
  • 退院から症状固定日まで通学の付添等の必要あり

名古屋地方裁判所令和2年7月1日判決

【結論】

  • 自宅付添費として日額3000円、174日合計約52万円が認められた。

【理由】

  • 骨盤骨折による右股関節の可動域制限の81歳(後遺障害等級12級)
  • 自宅での転倒の危険あり
  • 家事や屋外の歩行に娘の見守りが必要

東京地方裁判所平成26年8月27日判決

【結論】

  • 児童の通学付添費として日額1000円、61日間で6万1000円が認められた。

【理由】

  • 左足背部瘢痕の6歳(後遺障害等級14級)
  • 母親が車いすでの登校に付き添い

まとめ

  • 症状又は幼児等必要と認められる場合には通院付添費が認められます。
  • 金額は1日につき3300円のことが多いです。

関連リンク