メニュー
交通事故知識ガイド交通事故による後遺障害の解説

神経系統の機能又は精神の障害

解説者の弁護士川崎翔

ここでは交通事故により、神経系統の機能や精神に障害が発生した場合の後遺障害について解説します。(高次脳機能障害については除きます。)
  1. 01 外傷性頸部症候群
  2. 02 外傷性頸部症候群における神経症状と交通事故
  3. 03 バレー・リュー症候群、耳鳴りと交通事故
  4. 04 外傷性腰部症候群と交通事故
  5. 05 外傷性腰部症候群における神経症状と交通事故
  6. 06 交通事故における頭部外傷
    1. その1:頭部の構造
    2. その2:自賠責における高次脳機能障害認定の入口の3要件
    3. その3:傷病名
      ①脳挫傷/②急性硬膜外血腫/③前頭骨陥没骨折、外傷性てんかん/④びまん性軸索損傷/⑤対側損傷/⑥外傷性くも膜下出血/⑦外傷性脳室内出血/⑧急性硬膜下血腫/⑨慢性硬膜下血腫/⑩脳挫傷、頭蓋底骨折、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、びまん性軸索損傷の合併例
    4. その4:入口3要件の立証

後遺障害等級

障害の程度と等級、逸失利益算定の際の労働能力喪失率、後遺障害慰謝料の関係は以下の表のとおりです。
(なお、表に記載した労働能力喪失率、後遺障害慰謝料は「赤い本」に記載された目安であり、個々のケースによっては増減することがあります。特に醜状障害の場合、労働能力喪失率が争いになることが多いです。)
当事務所にご相談いただければ、ご相談者の症状に合わせて、障害内容等についてもご説明させていただきます。

種類 等級 障害の程度 喪失率(%) 後遺障害
慰謝料
(万円)
神経系統又は
精神の障害
介護
1級1号
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 100 2,800
介護
2級1号
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの 100 2,370
3級
3号
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの 100 1,990
5級
2号
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの 79 1,400
7級
4号
神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの 56 1,000
9級
10号
神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの 35 690
局部の神経系統の
障害
12級
13号
局部に頑固な神経症状を残すもの 14 290
14級
9号
局部に神経症状を残すもの 5 110