メニュー
交通事故知識ガイド神経系統の機能又は精神の障害

外傷性腰部症候群と交通事故

脊柱は合計25の椎骨で構成されています。
そのうち、腰椎は5つの骨で構成されています。
上から順番にL1、L2と名付けられており、一番下がL5です。これら5つの腰椎は、いずれも、関節包、椎間板、靱帯、筋肉等で連結されています。
脊柱

関節包、椎間板、靱帯、筋肉等

外傷性腰部症候群は、追突事故などの衝撃によって腰部に想定を超える動きが生じ、関節包、椎間板、靭帯、筋肉(まとめて「軟部組織」と呼ばれます。)が大きく伸びてしまったり、断裂したりすることによって発症するものです。「腰部捻挫」と診断されることもありますが、ほぼ同じものです。

自動車事故による受傷部位として、頸部に次いで多いのが腰背部です。被害に遭われた当初の診断書に「外傷性頸部症候群、腰椎捻挫」などと頸と腰の傷病名が併記されていた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

外傷性腰部症候群は、受傷当初の症状が重くても、その症状は治療によって軽快するケースが多いです。治療によっても重い症状が残るのは、事故前から既に椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの既存症があったときに多く発生しています。

外傷性腰部症候群と後遺障害

外傷性腰部症候群の治療が終了し、後遺症が残ってしまったとき、それが後遺障害等級14級9号「局部に神経症状を残すもの」または12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」に該当するか、それともそのいずれにも該当しないか(後遺障害非該当)が問題になります。

とりわけ、14級9号に該当するか、それとも非該当かが問題になることが多いです。

ところで、損害保険料率算出機構調査事務所(自賠責調査事務所)は、外傷性腰部症候群の14級9号の後遺障害認定基準を公表しています。
それは、次のとおりです。

「外傷性腰部症候群に起因する症状が、神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないが、受傷時の状態や治療の経過などから連続性、一貫性が認められ、説明可能な症状であり、単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるもの。」

外傷性頸部症候群とほぼ同様です。
内容を詳しく説明しましたので、ぜひこちらをご覧ください。