後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド神経系統の機能又は精神の障害

頚椎捻挫(外傷性頚部症候群・むちうち)

むちうち、頸椎捻挫

首の構造

頸椎
「首には7つの骨がある。」といわれています。これらの骨は「頸椎」といいます。
頸椎は、いずれも椎間板、靭帯、筋肉によってつながっています。 外傷性頸部症候群とは、追突事故などの衝撃によって頭部が大きく振られることによって首に過屈曲、過伸展が生じ、椎間板、靭帯、筋肉(まとめて「軟部組織」と呼ばれます。)が大きく伸びてしまったり、断裂したりすることによって発症するものです。「頸椎捻挫」・「むちうち」と呼ばれることもありますが、ほぼ同じものです。

頚椎捻挫・外傷性頚部症候群・むちうちの後遺障害認定基準

外傷性頸部症候群の治療が終了し、後遺症が残ってしまったとき、それが後遺障害等級14級9号「局部に神経症状を残すもの」または12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」に該当するか、それともそのいずれにも該当しないか(後遺障害非該当)が問題になります。とりわけ、14級9号に該当するか、それとも非該当かが問題になることが多いです。

ところで、損害保険料率算出機構調査事務所(自賠責調査事務所)は、外傷性頸部症候群の14級9号の後遺障害認定基準を公表しています。それは、次のとおりです。

「外傷性頸部症候群に起因する症状が、
① 神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないが、
② 受傷時の状態や
③ 治療の経過などから
④ 連続性、一貫性が認められ、説明可能な症状であり、
⑤ 単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるもの。」

以下、1つずつ認定基準を解説します。

①神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないこと
腱反射、神経根誘発検査や徒手筋力テスト(MMT)、電気生理学検査(ENG)などによる異常がなかったり、レントゲン写真やMRI画像で異常がなかったりすることです。

外傷性頸部症候群の症状の多くは軟部組織の異常が原因で発生しますが、軟部組織の異常は画像に現れないことが多いです。また、各種検査でも有意な所見が出ないことが多いです。

逆に、これらの検査で有意な所見が得られ、画像検査にも異常があり、その両者が関連しているときは、12級13号に該当するかどうかが問題になってきます。(痛いから14級、とても痛いから12級という関係にはなっていません。)

②受傷時の状態
受傷時の状態とは、受傷機転や事故発生状況のことです。

受傷機転というのは、どのようにして外傷が発生したかということです。たとえば、停止中、どのような姿勢を取っていたときに衝撃を受けたか、その衝撃によって人体がどのような動きをしたかなどです。

事故発生状況というのは、道路の交通量、天候、発生時間などが挙げられまして、交差点か、坂道か、前面衝突か、追突か、側面衝突か、スピードはどの程度であったか、衝撃の程度はどれくらいであったかなどです。

大変な痛み等の症状が発生したとしても、それなりの大きな衝撃によって発生した傷害でなければ、後遺障害等級14級9号は認められにくくなります。どの程度の衝撃であったかは、自動車にどのような損傷が生じたかなどの客観的事情が考慮されます。

たとえば、自動車の損傷が激しく、修理箇所が多く、修理額が大きい場合、全損の場合などはそれなりの大きな衝撃があったのではないかという方向に考慮されます。
逆に、擦過傷のみで済んだときや、バンパーの交換程度で済んだようなときは、衝撃の程度がそれほど大きくなかったのではないかという方向に考慮されます。

以上は、自動車対自動車の交通事故の場合の話でございまして、歩行者対自動車、自動車対自転車、バイク対自動車の場合などにおいては当てはまりません。

③治療の経過
治療の経過とは、事故直後から、左右いずれかまたは両方の頸部、肩、上肢~手指にかけて、重さ感、だるさ感、痛み、痺れなどの神経症状を訴えていることです。事故から数か月経ってから発生した症状は、事故によるものではないと認定されることが多いです。

また、事故直後は神経症状を訴えており、その後それが消失したものの、さらにその後再び同じ神経症状を訴えたようなときも、後遺障害に認定されにくくなります。

なお、頸部痛や頸部の可動域制限は、後遺障害に認定されることは少ないです。

④連続性・一貫性が認められ、(医学的に)説明可能なもの
連続性・一貫性とは、治療のために継続的に真面目に通院していたことをいいます。

どんな症状を訴えていても、通院回数が極端に少ない場合、後遺障害に認定されることは厳しくなります。

仕事が忙しく、なかなか通院することができないということもあります。
しかし、通院日数が少なければ、真面目な通院であると判断されにくくなります。
また、整骨院は、整形外科より遅い時間まで営業していることが多いことから、整骨院に通院する方も多いです。確かに整骨院の施術は治療のために有意であることも多いですが、治療行為とは、あくまでも医師(整形外科医)が行うものでして、整骨院に通っただけでは、真面目に通院したことにはなりません。整骨院に通う場合も、整形外科に通院する必要があります。

(医学的に)説明可能であるというのは、被害者の訴える症状が発生することが、各種検査及び画像からは証明できなくても、受傷時の状態や治療の経過などから、説明できることを指します。ですから、この点は、②受傷時の状態や③治療の経過と関連してきます。
なお、「医学的に説明可能」という程度ではなく、MRI画像などで「医学的に証明」できる場合には12級13号となることがあります。

⑤単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されること
単なる故意の誇張ではないとは、訴える症状が大袈裟ではなく本当のものであるということです。

発言が過激で、症状の訴えが大袈裟など、被害者意識が余りにも強く、賠償志向も強く、加害者保険会社が非常識であると判断したときは、後遺障害が認められにくくなります。

つまり、被害者の方に常識があり、その訴えが信用できるということです。

たとえば、公共交通機関の利用が可能であると考えられるのに、過大な症状を訴えて常にタクシーを利用して通院するといったことは、故意の誇張であると判断されてしまう可能性があります。

MRI画像所見など検査所見の重要性

外傷性頸部症候群
外傷性頸部症候群においては、神経症状が生ずることがあります。ここでいう神経症状とは、左右いずれかの頸部、肩、上肢から手指にかけてのしびれなどのことを指します。
それほど深刻なものでなくても、14級9号に該当すると判断されることガ多いです。

そこで、被害者としては、重さ感、だるさ感、軽い痛み、しびれ感、筋力低下はないかというところまで確認して、それらがあればその症状を診察時に訴え、カルテや診断書に記載してもらうことが必要です。外傷性頸部症候群においては、C5/6、C6/7の神経根に注目すべきです。
なぜなら、脊髄から枝分かれをしたC5/6、C6/7の左右2本の神経根は、左右の上肢の筋肉の大部分に影響を及ぼしているからです。

たとえば、C5/6の右側の神経根が圧迫されると、右手の親指と人差し指に痺れが生じることが多く、C6/7の右側の神経根が圧迫されると、右手の中指に痺れが出てくることが多いです。神経根を確認するためには、MRI画像を撮影することが必要です。XPやCTは骨を見るためのものでして、神経根の状態を確認することはできないのです。

なお、MRI画像について付け加えますと、1.5テスラのMRI画像撮影機器を置いている病院がほとんどですが、それですと、神経根の圧迫が生じているかどうかを確認することは、実は容易ではありません。できれば、3.0テスラのMRI画像を撮影することができる機器を設置している病院で撮影を受けたいところです。

受傷後に撮影したMRIで、C5/6/7の神経根の通り道が狭まっていることとか、明確に圧迫を受けていることが確認できたときは、自覚症状である指の痺れが、画像所見で裏付けられたことになります。
指の痺れがあるときには、できるだけ早期にMRIの撮影を受けられ、その時点での画像所見を確保しておくことが重要です。

ところで、画像所見の有無は、自覚症状の裏付けにとっては重要ですが、医師が治療するに当たっては、実はそれほど重要なことではありません。医師は治療することが仕事ですので、裏付けや証明には協力してくれない方もいらっしゃいます。したがいまして、MRI画像の撮影を受けるためには、被害者の方から撮影をしてくださいと言わなければなりません。

頚椎捻挫・外傷性頚部症候群・むちうちの後遺障害認定基準のまとめ

  • 外傷性頸部症候群に起因する症状が、①神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないが、②受傷時の状態や③治療の経過などから④連続性・一貫性が認められ、説明可能な症状であり、⑤単なる故意の誇張ではないと医学的に推定される場合には後遺障害14級9号となります。
  • さらに、MRI画像等の画像所見により痛み・しびれなどの症状の原因が医学的に証明できる場合には後遺障害12級13号となります。

バレ・リュー症候群・耳鳴りの後遺障害認定基準

バレー・リュー症状型
横浜市立大学(整形外科)の土屋弘吉教授が、むち打ち損傷の病態をいくつかに分類しました。
そのうちの1つに「バレー・リュー症状型」というものがあります。バレー・リュー症状型とは、頭痛、めまい、吐き気、視力低下、聴力低下などの不定症状が生ずるものです。
もともとは、フランスのバレーとリュー(いずれも人の名前です。)という神経学者が発表したものでした。

椎骨神経(頸部交感神経)の刺激状態によって生じます。
左の図の緑色の部分です。

緑色の交感神経節が損傷することにより、バレー・リュー症候群を発症します。

バレ・リュー症候群だけでは後遺障害等級が認定されないことが多い

バレ・リュー症候群の諸症状は、自覚症状があり、その訴えがあるものの、検査をしてもその原因となるものが見つかりません。
バレ・リュー症候群という病名のみでは後遺障害等級が認定されないことが多いです。

バレ・リュー症候群の症状に苦しんでいらっしゃる方は、整形外科のほかにペインクリニックに通院し、交感神経ブロック療法(星状神経節ブロック注射)を行い、交感神経の緊張をやわらげて血行を良くすることにより、症状の改善を目指すことが多いです。

バレ・リュー症候群の個別具体的な症状によっては12級13号、14級9号の後遺障害が認定されることもあります。

耳鳴りは12級相当、14級相当に認定されることもあります

耳鼻科におけるオージオグラム検査(「ピーと聞こえたらボタンを押す」という検査です。)で30デシベル以上の難聴があることが診断され、ピッチマッチ、ラウドネスバランスの耳鳴り検査(耳鳴りがどのような音域(高さ)で発生しているのか、また、どのような音量に感じているのかを調べる検査です。)で、耳鳴りが他覚的に立証されたときは、12級又は14級が認められることがあります。
バレ・リュー症候群でも、耳鳴りの症状が発生することがありますが、難聴を伴うことはなく、星状神経節ブロック療法で改善が得られることが多いです。

耳鳴りの症状が生じているのであれば、通院治療先が整形外科でも、その整形外科の医師に、事故直後から耳鳴りの自覚症状を訴えておかなければなりません。
そして、早期に耳鼻科を受診し、オージオグラム検査等を受ける必要があります。
症状の訴えがないまま二、三か月経ってしまうと、事故との因果関係が認められなくなってしまう確率が高くなります。

以上のように、「耳鳴に係る検査により難聴に伴い著しい耳鳴が常時あると評価できるもの」は後遺障害12級相当、「難聴に伴い常時耳鳴のあることが合理的に説明できるもの」は後遺障害14級相当となることがあります。

バレ・リュー症候群・耳鳴りの後遺障害認定基準のまとめ

  • バレ・リュー症候群という傷病名だけでは後遺障害は認定されないことは多いですが、症状によっては後遺障害12級13号、14級9号となることがあります。
  • 耳鳴りは症状によっては後遺障害12級相当、14級相当となることがあります。

まとめ

  • 頚椎捻挫・外傷性頚部症候群・むちうちは「局部に神経症状を残すもの」(14級9号)、「局部に頑固な神経症状を残すもの」(12級13号)となる可能性があります。
  • バレ・リュー症候群は「局部に神経症状を残すもの」(14級9号)、「局部に頑固な神経症状を残すもの」(12級13号)となる可能性があります。
  • 耳鳴りの症状は「耳鳴に係る検査により難聴に伴い著しい耳鳴が常時あると評価できるもの」(12級相当)、難聴に伴い常時耳鳴のあることが合理的に説明できるもの(14級相当)となる可能性があります。

参考リンク