後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

後遺障害3級

【ご質問】後遺障害3級とはどのような後遺障害が残った場合でしょうか。 

【回答】後遺障害3級とは以下のような後遺障害の1つが残った場合となります。

1 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
2 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
3 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
4 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5 両手の手指の全部を失ったもの

・後遺障害3級の慰謝料について
後遺障害3級の場合、裁判での標準の慰謝料は1990万円です。赤い本によると、一番高い事案で2200万円という事案があります。これは、後遺障害併合3級の事案で、7つの後遺障害が認定された事案です。後遺障害の個数は私たちの経験でも慰謝料額に反映されてきます。後遺障害の繰り上げについては、ルールが決まっていますので、多数の後遺障害があったとしても、全てが繰り上げの対象となるものではありません。しかし、後遺障害が複数あるという事実は事実ですので、裁判所もある程度後遺障害の数を考慮した判断をします。(なお、非該当の後遺障害であったとしても、慰謝料増額事由を主張することにより、慰謝料が増額となることがありますので、後遺障害等級非該当であったとしても、あきらめずに主張することが大切です。

・後遺障害3級の慰謝料の金額について
 裁判での標準 1990万円 
 赤い本での最高額 2200万円

・後遺障害3級の損害額算定で注意をする点
 自宅改造費・・・後遺障害等級3級だと,自宅改造の必要性の有無が争われることが多くなります。
 将来介護費・・・後遺障害等級3級だと,将来介護費が発生するか等について争われることが多くなります。







柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.