後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

後遺症と慰謝料について

1 後遺症と慰謝料について

oosawa-1.PNG   後遺症が認定された場合,その後遺症に応じた慰謝料の支払がされます。この金額は自賠責保険の慰謝料基準・任意保険の慰謝料基準と裁判所の慰謝料の基準の平均値では大幅な開きがあります。


   裁判で認められる慰謝料の標準値

後遺症等級 標準値
第1級 2800万
第2級 2370万
第3級 1990万
第4級 1670万
第5級 1400万
第6級 1180万
第7級 1000万
第8級 830万
第9級 690万
第10級 550万
第11級 420万
第12級 290万
第13級 180万
第14級 110万



2 さて,皆様が保険会社から提示された後遺症の慰謝料額と比べていかがでしたでしょうか。通常,保険会社は裁判基準と同額か,裁判基準より少ない後遺障害慰謝料の額を提示してきます。(経験上,保険会社が裁判前に提示してくる慰謝料の金額が裁判基準の慰謝料の金額を越えていることはほとんどありません。)

3 とすれば,特に重度の後遺症を負っている場合,弁護士に依頼をして訴訟を提起した方が,一般には慰謝料として受領できる金額が高額になるのです。

4 後遺症の慰謝料の額を決めるにあたっては,当然ですが,後遺症が後遺障害等級何級に該当するかどうかが一番重要になってきます。その場合,後遺症認定のためには,事故後すぐの段階から治療方針を明確にたてて,最終的な後遺症認定のための努力をするということが一番確立の高い方法です。


特に弁護士費用特約に加入している場合には,弁護士費用の負担は300万円まではありませんので,早めに弁護士に相談・依頼した方がいいでしょう。

ここでは後遺症と慰謝料について解説しました。後遺症と慰謝料についての詳細は弁護士等の法律の専門家にご相談下さい。







■交通事故に関するご相談・ご質問はございますか?


1,
前方を走行していた自転車が転倒してために私運転していた車で倒れてきた自転車にぶつかって自転車を壊すという交通事故を起こしてしまいました。
幸いにも自転車に乗っていた人には車は直接には当たらなかったのですが、自転車に車が当たった時に倒れていた人にぶつかって足に裂傷を与えました。
結果的には私の車による間接的な衝撃が傷の原因になったのですが、私が2次的な加害者になるのか心配しています。


2.
私が左折しようとハンドルを左に切った時に後ろから来たオートバイと接触する事故になり、オートバイの運転手が転倒による腕の骨折をしました。
直ぐ、110番と救急車を手配しましたが事故調査に当たった交通事故の警察官は「双方の不注意による事故」といっていました。
私の車には当たった時にできた凹みと傷ができ、オートバイはヘッドライト周辺が損傷しました。
この場合の治療入院費及び自動とオートバイの損傷についての費用はどのようになるのでしょうか?
因みにどちらも強制賠償保険だけで任意保険に入っておりません。


3,
前方を走っていたタクシーが客を拾うために急ブレーキで止まり、私の車は避けきれずに追突してしましました。
タクシーの運転手には怪我はなかったようですが、私はシートベルトをしていなかったのでフロントグラスに額をぶつけて3針縫うという怪我を負いました。
弁護士の先生に伺いたいのですが、私の車は任意の保険には入っていません。
このようなケースでは、双方の車の損傷と自分の治療費は保険ではカバーできないのでしょうか。


4,
一時停止を無視した乗用車と僕の運転する車が接触する交通事故になりました。
私の車の助手席に同乗していた娘が頭に怪我を負いました。
ぶつけてきた乗用車を運転していた人から「自分は先月にも事故を起こしていて会社に知られると首になってしますので費用は弁償するので示談にして下さい。」・・・と嘆願されました。
当日は、一応は警察の立ち会いはしてもらいましたが、娘の怪我が頭なので後遺症とかが心配です。
このような場合にどのように対処すべきか迷っております。
弁護士のご意見を頂戴できればありがたいと思います。


5、
歩行中にタクシーに接触されて手首の靭帯断裂という怪我を負った交通事故での被害者です。
タクシーの会社の方では治療費と多少の見舞金は保険で支払えますということですが、自分の職業がバイオリニストで手や指が思うように動かせなくなると仕事ができません。
これからの人生を考えると心配でなりません。
事故調査にあたった警察の方の見解は、責任はタクシーにあると言っておりますが、将来の不安に対してどのようにタクシー会社と話し合ったら良いでしょうか弁護士のご意見を頂ければ幸いです。




柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.