後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー

解決事例

事例429頚椎捻挫・腰椎捻挫

2つの事業を営む自営業の男性について、経費を含めた売上を基に逸失利益を獲得した事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
275万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 腰・背中
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!バイク自動車の事故

板垣さんは、頚椎捻挫・腰椎捻挫の傷害を負い、約8か月に及ぶ通院を余儀なくされました。懸命に治療やリハビリに励まれましたが、痺れ等の症状が残ってしまいました。後遺障害申請を行ったところ、腰に14級の後遺障害が認定されました。そして、最終的に約275万円という金額で解決することができました。

相談から解決まで

当事務所が依頼を受け、交渉を行った結果、適正な損害賠償額で解決することができました。解決のポイントは以下の点です。

当事務所が関わった結果

解決のポイントは以下の点です。

1休業損害について

自営業の方の休業損害の立証は、確定申告書を基に行うことが一般的です。しかし、サラリーマンの方と異なり、減収が売上に明確に表れないことも多く、保険会社は正当な賠償金も支払わないことも多いです。

しかし、粘り強く交渉を行い、通院日数など基本に適正な賠償金を獲得することができました。

2逸失利益の基準額について

逸失利益は、事故により発生する将来の減収です。前年度の売り上げ全体から経費を引いた、所得を基に計算することが一般的です。相手保険会社は、当然のように所得を基に計算すると主張しました。

しかし所得を基に計算すると、賠償額は大きく減ってしまうこととなります。そこで、確定申告の際の個別の経費について具体的に説明し、粘り強く交渉しました。その結果、全ての経費を含めた売上を基に、逸失利益を計算することの合意をすることができました。

最終的に、労災から支給された金額に加え、約275万円という適正な損害賠償額で解決することができました。

依頼者様の感想

ありがとうございました。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。