メニュー

解決事例

事例014頸椎捻挫・腰椎捻挫

むちうちで14級が認定された事故について、紛争処理センターを利用し、事前提示額58万円から303万円まで増額して和解が成立した事例

保険会社提示額 : 58万円

解決額
303万円
増額倍率 :5.3
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 腰・背中
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!自動車自動車の事故

平成23年某月、会社員の林隆史さん(仮名・千葉県馬橋在住・30代・男性)が右折のため停車していた自動車に同乗中、後方から追突されるという被害に遭いました。

後遺障害と解決まで

被害者は、事故によって頚椎捻挫及び腰椎捻挫の傷害を負いました。約200日の通院を経て、後遺障害の申請を行い、14級9号が認定されました。 当事務所の受任前、相手方保険会社は57万6,810円支払うとの提案をしていました。 当事務所が受任して、公益財団法人交通事故紛争処理センターでの交渉を行ったところ、ほぼ当方の請求どおり、303万2,003円(自賠責保険からの支払いを含む)を受領するという内容で和解が成立しました。

当事務所が関わった結果

当事務所が交渉を行った結果、賠償額が約5倍に増額しました。

解決のポイントは以下の点です。

1交通事故紛争処理センターを利用

当事務所が受任し、相手方保険会社と任意の交渉を行いましたが、相手方保険会社からは満足いく回答がありませんでした。

被害者ご本人は、裁判手続を使用せずに解決することを望んでいらっしゃったので、公益財団法人交通事故紛争処理センター(以下「紛争処理センター」といいます)にあっせん手続の申立てを行いました。

当方から損害に関する書類及び事故態様・後遺障害に関する報告書を紛争処理センターに提出したところ、ほぼ当方の主張を認めるあっせん案の提示があり、和解に至りました。

2逸失利益について

本件では14級の後遺障害が認定されており、労働能力喪失率は5%となります。一方、労働能力喪失期間は、裁判上、5年と認定されることが一般的です。

しかし、相手方保険会社は、後遺障害が認定されているにもかかわらず、全く逸失利益を計算していませんでした。

そこで、当事務所は、逸失利益について、事故前年の年収の5%を5年間喪失した(ライプニッツ係数4.3295)として計算し、交通事故紛争処理センターで当方請求のとおり、認められました。

依頼者様の感想

お疲れ様でした。本当にありがとうございました。(平成24年5月11日掲載)

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。