メニュー

よつばの特長外部専門家との連携

外部専門家との連携について

交通事故の場合、交渉・裁判で一番良い結果が出るように法律事務所が窓口となって外部の専門家と連携することが一番重要です。
交渉・裁判について最終的な責任を持って解決するのは弁護士の仕事です。そのため、弁護士が窓口となることがまずは必要です。
ただし、交通事故の交渉・裁判を行う場合、法律問題以外の問題も多数出てきます。医学知識の問題であったり、後遺障害認定の問題であったり、工学上、物理学上の問題であったりということです。

当事務所では以下のような外部の専門家と連携をすることにより、交渉・裁判で一番よい結果となるような体制を取っています。

医師との連携

治療・後遺障害申請サポートのためには医師との連携が必要不可欠です。また、裁判においても、医学的な争いが出てくることがあります。そのため、整形外科、放射線科、脳外科その他複数の医師との連携をしています。

整形外科・脳外科医師との連携

交通事故による外傷の場合、整形外科、脳外科領域の治療となることが多いです。そのため、整形外科・脳外科の医師との連携をしています。具体的には、整形外科医及び脳外科医と定期的に症例検討会を開催し、個別の傷病についての勉強会を開催しています。

弁護士としての立場及び医師としての立場を踏まえながら、個々の被害者の皆様の症例について後遺障害の可能性、後遺障害等級異議申立の可能性、裁判での主張、立証におけるより有利な方法の可能性などを検討しています。

当事務所では、交通事故に詳しい整形外科及び脳外科医の意見をいただきながら、適切な保険金を皆様が受領できるように最善の方法を行います。

整形外科での病院内法律相談会を開催

当事務所では、整形外科と連携をして病院内での法律相談会を開催しています。保険会社からの治療費打ち切りが妥当なものであるのかどうかの相談や、後遺障害認定のための相談などがご相談では多いです。

保険会社の治療費打ち切りが不当である場合には断固立ち向かうと共に、最終的な後遺障害認定で交通事故の被害者の皆様が損をしないように、「適切な後遺障害認定が行われるかどうか」という観点から医師と連携をしながらご相談をしています。

整形外科での勉強会の開催

当事務所では整形外科の医師・スタッフ向けの院内勉強会を開催しています。整形外科はもちろん治療のプロではありますが、法律のプロではありません。そのため、交通事故賠償の仕組みや後遺障害認定の仕組みについて法律的な面を解説する医師や病院スタッフ向けの勉強会を開催しています。また、整形外科医の先生があつまる勉強会においても交通事故治療に関する勉強会講師をしています。

交通事故鑑定の専門家との連携

交通事故において過失割合を決めるにあたっては、事故の状況等について物理学等の意見も踏まえた上で、鑑定書を作成することが必要なことがあります。このような場合でも、当事務所は交通事故鑑定の専門家との連携を行っていますので的確な対応が可能です。

全国の交通事故専門弁護士との連携

最新の事案や複雑な事案の解決のため、全国の交通事故に詳しい弁護士と必要に応じて連携しています。

自動車工学鑑定の専門家との連携

事故状況、過失割合が争いとなる事案などに関して、自動車工学鑑定の専門家と連携しています。

自動車修理工場との連携

車の損傷個所、損傷のメカニズムなどが争いとなる事案など関して、自動車修理工場と連携しています。