メニュー
よつばの特長よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」

21 細かい事を聞いても良いですか?良いんですっ!!(弁護士 松村 茉里)

松村です。

交通事故のご相談に来られるお客様のほとんどは、弁護士事務所に初めて相談に来られた方になります。
ですので、おそらく、何をお話したら良いのか、何を聞いたら良いのか分からない方も多いかと存じます。

私は、なるべく法律用語をかみ砕いてお話をさせていただき、また、今後どうすれば良いかという次のステップをしっかりと説明することに努めています。

お客様から感謝のお便り

しかし、交通事故の初回相談は、時間が限られていますので、コレ聞きたいと思っていたけど忘れてた!ということも多いと思います。意外と一番聞きたいと思っていた事を聞き忘れてしまったり…。。

私は、あるお客様になぜ当事務所に依頼してくださったのかお聴きしたことがございます。
そのとき、お客様は、「相談時に聞き忘れた事を後日電話で聞いた時の対応がとても丁寧で感動したから。」とおっしゃって下さいました。
私は、すぐに、「細かい事でも何でも良いので、ちょっとでも気になる事、不安に思っている事があれば、いつでもご連絡下さい!」とお伝えしました。私としても、お客さまの分からないことや不安の解消につながることができるのであれば、とても嬉しいので、色々聞いてほしいなぁと思い、ついそのような言葉が出てしまいました。

また、こういうお客様もいらっしゃいました。後遺障害の認定について、残念ながら一度目の申立てが認められなかったため、異議申立の検討をすることとなりました。
私は、異議申立について、現状の資料をもとに丁寧に説明させていただきました。
ただ、私は、お客様がまだ迷っておられることを感じたため、すぐに決める必要は無いこと、何度でも説明するので納得いくまで一緒に検討しましょうと言いました。
このお客様は、結局は異議申立をしなかったのですが、最後まで何度も説明してくれ、またこちらが迷っている時はしっかりと待ってくれたので納得できて手続を進めることができたとのお言葉を頂きました。

少しまとまりがありませんが、題名のとおり「弁護士に細かい事を聞いても良いんです!」ということがお伝えしたく、記事を書かせていただきました。
あ、1点だけ…あくまで案件に関する事に限定して聞いて下さいね!柏で美味しいお店?やお勧めの映画など聞いていただいてもお答えできませんので悪しからず…(笑)

よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」一覧へ戻る