メニュー
交通事故知識ガイド交通事故問題解決の流れ

専門家・弁護士の選び方(弁護士のメリット)

交通事故に強い弁護士は結果に差が出る

交通事故による損害賠償は、損害賠償算定基準(いわゆる「赤い本」)に基づいて交渉や訴訟を行うことができることから、弁護士であれば誰でも扱うことができる分野であると思われがちです。

弁護士川崎翔の画像解析

しかし、交通事故による損害賠償は、自動車保険に対する知識や労災などの公的給付に対する理解も求められます。過失相殺が微妙な事案や細かな損害の計算方法等については、経験も必要です。
また、後遺障害の認定に関する知識・経験については弁護士によって明らかな差があります。

したがって、交通事故問題を依頼する際には、交通事故を専門的に扱っている弁護士に相談されることをお勧めします。
さらに、交通事故を専門的に扱っている弁護士は、医師や行政書士など、他分野の専門家とのネットワークがあることも多く、この点においても、専門的な弁護士に相談することのメリットがあります。

関連リンク