メニュー
よつばの特長よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」

18 交通事故に関するご依頼の解決とそこからつながるご縁について(弁護士 三井 伸容)

弁護士は、人と出会ってその人のトラブルを解決する仕事だと私は考えています。(もちろん、そのような業務とは違った業務をしている弁護士もいます。)
交通事故も含めて、多くの人にとっては「弁護士にお世話になるようなこと」というのは、人生で1回あるかないかの大変な事態です。

そのため、ご依頼の終了時に「是非またご依頼ください。」とはなかなか言いづらいことが多く、私は「もう今後は何もないに越したことはないのですが、もし万が一また何かお困りのことがあればお気軽にお声かけください。」とお話することが多いです。

弁護士 三井 伸容

このように本来あまり何度も続いていかない方が良いかもしれない弁護士への依頼ですが、時折、大変うれしいことに「依頼者を通じたご縁」というかたちでご依頼が続くことがあります。
それが以前のお客様に新しいお客様をご紹介頂ける場合です。

例えば、以前交通事故のご依頼を受けた被害者の方が、ご家族やご友人などの別の被害者の方をご紹介して下さることが多いです。何も私に限ったことではなく、弊所の弁護士は比較的そのような経験が多いようです。
また、交通事故に遭われた方が偶々会社を経営されており、その会社と弊所とで顧問契約を締結させて頂いたなんて経験もありました。

そのような会社様の中には、時折、自動車工場様や保険代理店様など日頃から交通事故の被害者の方と多く接する方も含まれる場合があります。
このような「一般の方と比べて交通事故の知識経験が豊富な方」が弊所の弁護士を紹介先として選んでくださることは非常に光栄なことだと思います。

このようなご紹介先からのご紹介はご相談者にとってもメリットが多いと思います。
例えば、被害者の方が事故後比較的早い段階で我々弁護士に相談に行くことが可能となるため、問題が大きくなる前にトラブルを回避することが出来るというのもそのひとつです。
また、早期に客観的な見通しがつくことで被害者の方の気持ちが落ち着きやすくなりますし、車両の修理や保険の手続などで関係者達の協力を得ることも比較的容易に成り易いといえます。

このようなご縁で仕事がつながると、私としてはとてもやりがいを感じると共に、ご紹介元に恥じることのないような仕事をしなければと身が引き締まる思いです。

なお、私達は何もご紹介頂くばかりではありません。反対に私たちの方から、ご依頼者様が法律問題以外でお困りの問題があれば、適切な他士業の方をご紹介したり、福祉用具業者などの専門業者をご紹介したりということもあります。

交通事故では、弁護士が入って損害賠償だけが済めばすべて問題が解決するわけではありません。
弊所に関わった皆様が事故後できる限りスムーズな再スタートが出来るよう、法律的な部分も含めたトータルでのサポートを積極的に目指していこうと思います。

よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」一覧へ戻る