メニュー
よつばの特長よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」

63 交通事故全国弁護団の最近の活動について(弁護士 大澤 一郎)

全国交通事故弁護団

当事務所の弁護士は、日本全国で30人以上が加入する全国交通事故弁護団に加入しています。私大澤一郎も加入しています。

◆全国交通事故弁護団はこちら

最近の全国交通事故弁護団の活動について

最近、日本全国から全国交通事故弁護団へのお問い合わせが増えてきています。
また、当事務所にお問い合わせがあったご相談のうち、遠方からのご依頼については、全国交通事故弁護団加入の交通事故に精通した弁護士をご紹介しています。

教育・研修体制の充実

現在、全国交通事故弁護団では各種研修・教育体制を充実させることを検討しています。これは、弁護団所属の所内の弁護士向け研修と弁護士一般向けの研修に分かれます。

弁護団所属の所内の弁護士向け研修

弁護団所属の弁護士はいずれも交通事故に精通している弁護士です。それぞれの事務所で交通事故の被害回復のための所内勉強会なども開催しています。

他方、一般的には、法律事務所は、複数の事務所間での合同の勉強会というのは余り実践しない文化です。全国交通事故弁護団では、想いを同じくする法律事務所複数が集まって、より実践的な交通事故の被害者救済、被害回復のためのスキルアップを今後行っていく予定です。

弁護士一般向け研修

「これから交通事故の被害回復に取り組みたい」
「これから交通事故案件に注力して取り組みたい」
このような思いを持つ弁護士向けのオープンな研修会も今後開催していきたいと考えています。交通事故の被害回復の全国的な運動は、1人の弁護士、1つの事務所ではなかなか全て実践できません。
交通事故被害回復への想いのある弁護士が集まって全国的な流れを作り、残念ながら、保険会社の主導でおこなれている交通事故の示談交渉の領域を変えていきたいと考えています。

全国交通事故弁護団の今後の活動

全国交通事故弁護団では、今後、定期的なシンポジウムの開催、定期的な勉強会の開催、弁護士の組織作りなどの活動を行っていきます。

私の希望としては、整形外科医・脳外科医を招いての勉強会・症例検討会の開催、後遺障害認定についての専門家を招いての勉強会の開催、日本でまだ先例がないような事案についての共同での訴訟提起や裁判遂行などもできれば理想です。
交通事故は弁護士一般が取り扱う分野ではなく、交通事故に詳しい弁護士が取り扱う分野です。

今後も一層交通事故被害者の被害回復に全力で取り組んでいきたいと思います。

よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」一覧へ戻る