メニュー
交通事故知識ガイド交通事故と物損Q&A

交通事故に遭い、車が壊れてしまいました。加害者に車の修理費を請求したいのですが、どういった手続をとればいいですか?(その2)

Q12:交通事故に遭い、車が壊れてしまいました。加害者に車の修理費を請求したいのですが、どういった手続をとればいいですか?(その2)
Aできません。
前回の質問では、加害者が保険に入っており、被害者に過失がないパターンを紹介しました。今回の質問では、そもそも加害者が自動車保険に入っていなかった場合を紹介したいと思います。なお、前回のパターンでも、「修理内容について相手方保険会社の提示に納得できない」とか「修理内容について合意できない」といった場合には、今回のパターン(調停、裁判)と同じ流れになります。

自賠責では物損は補償されない

困った人加害者が保険未加入であった場合、加害者の保険担当者などいませんので、被害者が直接加害者と被害車両の修理について折衝をすることとなります。

被害車両について見積りをとり、加害者にその額を支払ってもらおうとしても、加害者があれこれ文句をつけてきて合意ができないといったパターンはよくあります。

その場合、話合い(交渉)による解決はできないということになります。

交渉がだめなら調停や裁判へ

話し合いによる解決ができないとなると、第三者を交えた場での解決しかありません。次のステップとして考えられるのは、裁判所で行う調停が考えられます。調停とは、裁判所の「調停委員」という第三者が間に入り、加害者と被害者の間を取り持って話合いをするシステムのことをいいます。

調停は裁判とは異なり柔軟な手続なので、調停を始める前に膨大な資料を用意せず、比較的簡単に使える手続です。そのため、被害者本人が代理人を立てずに使うのに適しています。

しかし、調停の場合、あくまでも裁判所を挟んだ話し合いにすぎませんので、そこでも話合いがまとまらない場合があります。

そうすると、解決のためには裁判しか方法がありません。裁判は、テレビなどで良く見るあれです。

裁判の場合、最後は裁判官が「判決」を出してくれますので、「話合いがまとまらずに解決できない」という事態はありません。ただ、裁判である以上、訴状を出したり裁判所に出頭したりなどの手間が発生するため、裁判になってしまった場合には、弁護士を使うことをおすすめします。

交通事故と物損Q&A一覧へ戻る