メニュー
交通事故知識ガイド交通事故と治療Q&A

いま通っている病院とは別の病院に通いたい場合には、どのようにすればよいですか。

Q4:いま通っている病院とは別の病院に通いたい場合には、どのようにすればよいですか。
A治療費を相手方保険会社が直接病院へ支払っている場合には、転院前に保険会社に連絡しましょう。

治療途中での転院は可能です。

病院怪我の治療の途中で転院することは可能です。

医師にも専門分野があり、ご自身のお怪我を専門の医師に診ていただきたいという場合があります。また、ご自身のお仕事の都合などで病院の診察時間内に頻繁に通院するのが困難な場合もあります。さらに、その病院ではリハビリを受けることができないといったことや、医師との相性が合わないといったことも考えられます。

そのような場合には、病院を変えることを検討すべきでしょう。

怪我の治療のために通院が必要な状態であるにもかかわらず、上記の理由で通院頻度が少なくなると、怪我の回復という点でも、損害賠償の点でも好ましくありません。

転院するタイミング

転院をする場合には、なるべく早い時期のほうがよいので、転院の必要性を感じた場合には、早急に転院をすることを検討する必要があります。

症状固定直前に転院をすると、転院先の医師に後遺障害診断書を書いてもらえないなどの不都合が出てくることがありますので、長期間治療を継続した後に転院する場合には注意が必要です。

どの病院に転院するべきか

何度も転院を繰り返すことは、治療の継続性に問題が生ずる可能性があるので、あまりお勧めしません。転院をする際には、周囲の評判、インターネット上の口コミや、地元で交通事故の案件を数多く取り扱っている弁護士からアドバイスを得るなどして、慎重に選ぶ必要があります。

また、通院している病院を変更して、整骨院にのみ通院し始める方もいますが、整骨院に転院する場合には、並行して病院にも継続通院する必要があります。整骨院に転院して、病院に一切通院しなくなると、診断書の作成ができなくなるなどの問題が出てきますので注意しましょう。

相手方保険会社に報告する

病院の治療費を相手方保険会社が直接病院に支払っている場合があります。治療費を相手保険会社が支払っている場合に転院するときは、事前に転院先の病院を相手方保険会社に報告する必要があります。

保険会社に連絡しないまま通院先の病院を変更すると、病院の窓口でご自身が支払をする必要があったり、保険会社が治療費を負担しなくなる可能性もありますので注意しましょう。