メニュー
交通事故知識ガイドむちうち

「むちうち」と後遺障害等級

解説者の弁護士大澤一郎

むちうち(鞭打ち、ムチウチ等とも言います)となった場合、交通事故の後遺障害の等級はどのようになるのでしょうか。

後遺障害等級認定の可能性について

むちうちとなった場合、後遺障害の可能性としては以下の3つの可能性があります。

(1)局部に頑固な神経症状を残すもの(12級13号)
(2)局部に神経症状を残すもの(14級9号)
(3)非該当

むちうちの後遺障害等級14級認定のためには

局部に神経症状を残すものという表現は抽象的な表現ですので、具体的な基準を知る必要があります。
一般的にはむちうちに起因する症状が神経学的検査所見や画像所見などから証明することはできないが、受傷時の状態や治療の経過などから一貫性/継続性が認められ説明可能な症状であり単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるものであることが必要です。

さらに具体的には、神経学的所見の検査(ジャクソンテスト・スパーリングテスト等)である程度のむちうちを裏付ける結果が出ていること、腱反射である程度むちうちを裏付ける結果がでていること、筋萎縮の検査である程度むちうちを裏付ける結果が出ていること、MRI等の画像である程度むちうちを裏付ける結果が出ていること等がポイントです。

後は、自覚症状が事故時から一貫していること、自覚症状と神経学的所見の検査結果や画像所見がある程度一致していること等も後遺障害認定のために重要です。

むちうちの後遺障害等級12級認定のためには

一般に後遺障害12級というとかなり重い後遺障害の場合と考えられます。
12級の後遺障害等級認定のためには、上記の後遺障害14級の場合に加えて、筋電図検査等で陽性の結果があると有利になります。

また、むちうちの12級の場合には、事故直後から肩・腕・手指のあたりにかなり強いしびれが発生している場合が多いと言えます。

むちうちで後遺障害等級が非該当となってしまった場合

むちうちで後遺障害等級が非該当となってしまった場合、異議申立をするにあたってのポイントは大きくわけて2つあります。

(1)自覚症状の記載が不十分であること(むちうちの後遺障害非該当への対策1)

診断書・カルテの記載や後遺障害診断書の記載にむちうちの自覚症状の記載が不十分であることがあります。
この場合は実際に治療をしてもらった医師に後遺障害診断書の加筆を依頼したり、神経学的所見の推移や頚椎の症状の推移について等の書類の作成を依頼したりして、後遺障害を裏付ける自覚症状が本当にあったことを記載してもらいます。

ただし、自覚症状の記載は多ければよいというものではありません。むちうちで通常発生する以外の自覚症状を記載してしまうと、むしろ嘘ではないかという疑いを抱かれてしまうこともあります。
また、後遺障害の定義とは事故による障害でこれ以上治療を継続しても回復の見込がないと医学的に認められる心身の支障を言います。

そのため、「寒いときに痛い」「時々痛みがある」というような表現が後遺障害診断書にあると、むしろ、普段は問題ないのだから後遺障害にはならないと言われてしまうこともあります。
むちうちの後遺障害では客観的な状況に整合する後遺障害診断書の自覚症状の欄の記載を心がけましょう。

(2)検査を追加で依頼すること(むちうちの後遺障害非該当への対策2)

後遺障害の認定のためには医師の検査結果が必要です。むちうちで後遺障害非該当となってしまった場合には、医師に検査を追加で依頼して、その結果を一緒に後遺障害の異議申立をすることがよいでしょう。

後遺障害の申請は、現状の体の状態を正しく医師に診察してもらい、後遺障害診断書等の書類に正しく記載をしてもらうことが一番大切です。

【動画で見る交通事故】むちうち症の後遺症

今回は「むちうち症の後遺症」を説明します。
(解説:弁護士 川﨑 翔)

ここでは、むちうちの後遺障害等級認定について解説しました。