メニュー
交通事故知識ガイドむちうち

「むちうち」と示談

解説者の弁護士大澤一郎

むちうちとなった場合、いつのタイミングで示談すればよいのでしょうか。

むちうちの場合、症状に応じていつ示談すればよいのかという差があります。

医者から治療終了と言われ鞭打ちが治ったケース

大部分のむちうちの場合には、3ヶ月以内に医者から治ったと言われ、皆様自身も治ったと感じるケースです。このような場合には治療終了時点で示談交渉を開始することになります。

示談にあたって重要な点は、過失割合、慰謝料の額、休業損害の額です。保険会社との示談にあたっては慰謝料の額が極端に少ないケースもありますので安易に示談しない方がよいです。

6ヶ月程度通院したがムチウチの症状が改善しないケース

事故から6ヶ月程度の通院を続けた結果、むちうちの症状が改善しないケースがあります。
このような場合には、肩・腕・手の先にしびれがあったりすることも多いです。

6ヶ月経過し、医師からそろそろ治療終了と言われた段階で示談の前に後遺障害診断書の作成を医師に依頼します。この後遺障害診断書の作成にあたってはポイントが色々ありますので、実際に医者に頼む前に弁護士等の法律の専門家に相談することをお勧めします。

診断書の作成→保険会社への認定→後遺障害の認定という流れが終わった段階で、始めて示談交渉を開始するという流れになります。
示談の際には、過失割合、休業損害、入通院慰謝料の他に、後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料にも注意が必要です。

むち打ちの示談の際の一般的ポイント

(1)示談とは、正確な法律用語ではありません。

法律的な意味では示談とは和解契約という民法上の契約となります。前提となる権利関係が争いがあることを前提に示談(和解契約)をしますので、一度示談をしてしまうと、後でその内容を変更することが難しくなります。

錯誤(勘違い)、詐欺(騙された)という主張は和解契約の場合難しいです。
そのため、むちうちの示談をするに際しては、内容に間違いがないかどうかよく確認をして、これ以上保険金・損害賠償金は請求できないということを十分に理解した上で示談をしましょう。

(2)示談の際に、病院への通院と接骨院への通院では(特に裁判の場合)、慰謝料や休業損害に影響を与えることがあります。

示談交渉を有利に進めるためには、病院(整形外科)でのリハビリをお勧めします。

(3)示談を一度するとやり直しはききません。

これは示談一般に言えることですが、特にむちうちの場合、むちうちの症状がまだ治っていないとしても示談の書類にサインをした以上は後でその内容をひっくり返すことはほぼ不可能です。

つまり、一度示談をしたらその金額で確定ということになります。示談の際には注意しましょう。

ここでは、むちうちと示談について解説しました。
むちうちの場合、いつ示談をするかという問題が重要な問題になってきますし、後遺障害の申請をするかどうかという点がもっと重要な問題となります。一度弁護士等の法律の専門家に相談してみましょう。