後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー
交通事故知識ガイド交通事故と治療Q&A

交通事故による怪我が治らない場合はどうしたらよいですか。

Q3:交通事故による怪我が治らない場合はどうしたらよいですか?
A任意保険会社が費用を支払う間にしっかり治療しましょう。その後は健康保険を利用しての通院や後遺障害申請を検討しましょう。

(文責:弁護士 大澤 一郎

任意保険会社が治療費を支払う期間

交通事故による怪我

  • 任意保険会社が治療費を支払う期間は「必要かつ相当な期間」です。
  • 頚椎捻挫(むちうち)、腰椎捻挫、挫傷・打撲などの場合、3カ月から6カ月程度が標準的な期間となります。
  • 骨折などを伴う場合、個別の症状により、主治医の判断を尊重した上で期間が決まることが多いです。
  • 任意保険会社が治療費を支払う間にしっかり治療・リハビリをしましょう。
  • 治療・リハビリの流れ全般は、「交通事故問題解決の流れ・治療リハビリ」を参考にして下さい。

任意保険会社の治療費打ち切りに対する対抗策

  • 治療費打ち切りへの対抗策は次のような方法があります。
    保険会社に状況を説明して打ち切りを回避する。
    健康保険を利用して通院を継続する。
    労災保険を通院して通院を継続する。
    人身傷害保険を利用して通院を継続する。
  • 治療費打ち切り全般については、「交通事故問題解決の流れ・治療費打ち切り」を参考にして下さい。
  • 治療費打ち切りへの対抗策の詳細は、「治療費打ち切りへの対抗策」を参考にして下さい。

後遺障害申請

  • 事故から6カ月以上経過しても症状が改善しない場合、後遺障害申請を検討することとなります。
  • 後遺障害申請をする場合、医師に後遺障害診断書の作成を依頼した上で、診断書を保険会社に送付することとなります。
  • 後遺障害申請の流れやポイントは、「交通事故問題解決の流れ・症状固定後遺障害の等級認定」を参考にして下さい。

交通事故による怪我が治らない場合の対応

  • 健康保険を利用しての通院継続は可能です。健康保険を利用しての通院継続をお勧めします。
  • 保険会社との最終的な合意により一定額の慰謝料を受け取ることができます。受け取った慰謝料を利用して健康保険で通院をされる方も多いです。

交通事故による怪我が治らない場合の注意点

  • 任意保険会社が治療費を打ち切りした後も健康保険を利用しないで通院をするのは控えましょう。全額自己負担の治療となってしまい大幅に損をすることがあります。
  • 保険会社との示談を先延ばしにしすぎることがないようにしましょう。保険会社側から損害額の確定を求める申立が裁判所になされることもあります。また。事故から5年経過すると時効となって怪我の分が一切請求ができなくなることがあります。
  • 後遺障害認定がうまくいかなかった場合、一度弁護士に相談してみましょう。証明する資料が不十分だったという可能性もあります。後遺障害認定結果に対して異議申立をすることにより、後遺障害認定結果が変わる可能性があります。
  • 重症の場合、治療・リハビリが今後も続くこととなります。示談の際には今後の治療・リハビリの計画も踏まえた示談をするようにしましょう。
  • 症状固定後の治療費や将来の治療費は一般的には認められないことが多いです。ただし、例外的に認められることもあります。
    参考:症状固定後の治療費の解説
  • 後遺障害1級、後遺障害2級に該当するような後遺障害の場合、将来介護費が認められることが多いです。また、後遺障害3級以下の後遺障害の場合でも、将来介護費が認められた事案もあります。
    参考:傷害介護費の解説
  • 後遺障害1級、後遺障害2級に該当するような後遺障害の場合、家屋・自動車等の改造費が認められることがあります。また。後遺障害3級以下の後遺障害の場合でも、家屋・自動車改造費が認められた事案もあります。
    参考:家屋・自動車等改造費の解説

まとめ

  • 任意保険会社が費用を支払う間にしっかり治療しましょう。
  • 任意保険会社が治療費を支払わなくなった場合、健康保険を利用しての通院を検討しましょう。
  • 後遺障害申請を検討しましょう。

(文責:弁護士 大澤 一郎

交通事故と治療Q&A一覧へ戻る

関連リンク