メニュー
交通事故知識ガイド交通事故問題解決の流れ

交通事故の示談交渉

交通事故の示談交渉のポイントについて

1 示談交渉のポイントについて

示談交渉を行う場合、まず、損害項目の請求について漏れがないかどうか確認することが必要です。

人身事故の場合では、治療関係費用、付添看護費、入院雑費、通院交通費、器具購入費用、葬儀関係費用、休業損害、逸失利益、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料等です。

保険会社からの和解案では、休業損害と入通院慰謝料が併せて1つの項目になっていたり、後遺障害慰謝料と後遺障害による逸失利益が併せて1つの項目になっていたりすることがあります。
請求する項目が漏れていても、保険会社が親切に教えてくれるとは限りませんので注意が必要です。

2 示談交渉を依頼できる人

法律上、有償で法律に関する示談交渉をできるのは弁護士のみです。
示談交渉を依頼する際には弁護士に依頼しましょう。

3 弁護士に示談交渉を依頼するメリット

弁護士に示談交渉を依頼するメリットは色々ありますが、以下の2点が大きなメリットです。

(1)弁護士に示談交渉を依頼することで高確率で損害賠償額が増額します!
(2)弁護士に示談交渉を依頼することで面倒な示談交渉の手続きから解放され治療に専念することができます。

4 示談交渉を怪しい事件屋に依頼するのは避けましょう。

世の中には悪い人もいます。親身になって相談をする不利をして示談交渉の結果保険金がおりたとたん、その保険金を持って逃げてしまう等の怪しい事件屋というたぐいの人もいます。
示談交渉を依頼する際には資格のある専門家に相談しましょう。

ここでは、示談交渉について解説しました。示談交渉についての詳細は専門家にお問い合わせ下さい。