メニュー
交通事故知識ガイドせき柱及びその他の体幹骨

せき柱の運動障害、荷重機能障害

せき柱その4 せき柱の運動障害、荷重機能障害

脊柱の障害・運動障害
6級5号 脊柱に著しい運動障害を残すもの
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの

1 運動障害が後遺障害として認定されるための前提

レントゲン、CT、MRIなどの画像上、脊椎圧迫骨折等または脊椎固定術の所見がなく、また、項部、背部、腰部の軟部組織の器質的変化の所見もないときは、疼痛のために運動障害が残ったとしても、局部の神経症状として後遺障害審査を行うとされています。

つまり、「痛くて動かせない。」という状態で固定したとしても、画像所見がなければ、運動障害が生じていることを理由とする後遺障害認定がされることはないということになります。

2 6級5号

「脊柱に著しい運動障害を残すもの(6級5号)」とは、次のいずれかにより頸部及び胸腰部が強直したものをいいます。

  1. A 頸椎及び胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折等が存しており、それがレントゲン、CT、MRIなどの画像により確認できる
  2. B 頸椎及び胸腰椎のそれぞれに脊椎固定術が行われた
  3. C 項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められる

3 8級2号

「脊柱に運動障害を残すもの(8級2号)」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

  1. A次の(a)~(c)のいずれかにより、頸部または胸腰部の可動域が参考可動域角度の2分の1以下に制限されたもの
    1. (a)頸椎または胸腰椎に脊椎圧迫骨折等があり、そのことがレントゲン、CT、MRIなどの画像により確認できる
    2. (b)頸椎または胸腰椎に脊椎固定術が行われた
    3. (c)項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められる
  2. B 頭蓋・上位頚椎間に著しい異常可動性が生じた

4 荷重機能障害

体勢を保持することが困難な状態に至っていることを荷重機能障害といいます。
荷重機能の障害については、

  1. ①頸部及び腰部の両方の保持に困難があり、常に硬性補装具を必要とするものを6級に準ずる運動障害として取り扱う。
  2. ②頸部または腰部のいずれかの保持に困難があり、常に硬性補装具を必要とするものを8級に準ずる運動障害として取り扱う。

とされています。ただし、①と②のいずれも、脊椎圧迫骨折・脱臼、脊椎を支える筋肉の麻痺または項背腰部軟部組織の明らかな器質性変化が、レントゲン、CT、MRIなどの画像により確認できるときに限られます。画像所見がなければ、荷重機能障害を理由とする後遺障害認定がされることはありません。

5 脊柱の運動機能の評価および測定は、次のとおりとなります。

部位・等級

主要運動

参考運動

頚部

屈曲
(前屈)

伸展
(後屈)

屈曲と伸展の
合計

左・右
回旋

回旋
合計

左・右
側屈

側屈
合計

参考可動域
(正常値)

60

50

110

各60

120

50

100

8級2号
(参考可動域の2分の1以下)

30

25

各30

50

6級5号
(頸部に加え胸腰部も強直)

15

15

※参考運動の可動域制限だけで等級認定されることはありません。

頸部の主要運動(屈曲、伸展、回旋)は、次のとおりです。

頸部の主要運動(屈曲、伸展)
頸部の主要運動(回旋)

頸部の参考運動(左右の側屈)は、次のとおりです。
頸部の参考運動(左右の側屈)

部位・等級

主要運動

参考運動

胸腰部

屈曲
(前屈)

伸展
(後屈)

屈曲と伸展の
合計

左・右
回旋

回旋
合計

左・右
側屈

側屈
合計

参考可動域
(正常値)

45

30

75

各40

80

各50

100

8級2号
(参考可動域の2分の1以下)

38

40

50

6級5号
(頸部に加え胸腰部も強直)

10

※参考運動の可動域制限だけで等級認定されることはありません。

胸腰部の主要運動(屈曲、伸展)は、次のとおりです。
胸腰部の主要運動(屈曲、伸展)

胸腰部の参考運動(回旋、側屈)は、次のとおりです。

胸腰部の参考運動(回旋)
胸腰部の参考運動(側屈)

6 脊柱における可動域制限の評価方法(表の見方)

脊柱に機能障害が残ったとき、患側と健側とを比較することはできません。
そこで、参考可動域との比較を行い、可動域制限を評価するという仕組みになっています。この参考可動域とは、日本整形外科学会および日本リハビリテーション医学会により決定された「関節可動域表示ならびに測定法」に準拠して定めたものです。

7 参考運動が評価の対象とされるとき(表の見方)

頚椎または胸腰椎の主要運動の可動域制限が参考可動域角度の2分の1を「僅かに」上回るときに(このときは運動障害を理由とする後遺障害は非該当となるはずです。)、頚椎または胸腰椎の参考運動が2分の1以下に制限されているときは、頸椎または胸腰椎の運動障害として認定することとされています。

言い方を変えますと、主要運動だけでは後遺障害認定の基準に届かないけど、あと僅かで届くというときは、参考運動も考慮するということです。

上記の「僅かに」とは、原則として5度とされています。 ただし、頸部の脊柱の屈曲・伸展、回旋について、脊柱の運動障害かどうかを判断するときは、10度とされています。

したがいまして、脊柱の場合は、

  1. (1)まず主要運動の可動域と参考可動域を比較する。
  2. (2)主要運動の可動域が参考可動域の2分の1以下であれば、参考運動は考慮せずに等級認定に至る。
  3. (3)①頸部の主要運動の可動域が(参考可動域の2分の1+10度)以下であれば、参考運動を考慮する。
    ②胸腰部の主要運動の可動域が(参考可動域の2分の1+5度)以下であれば、参考運動を考慮する。
    ということになります。