メニュー
交通事故知識ガイド交通事故と治療Q&A

加害者の保険会社から治療費打ち切りを言われていますが、どうしたらよいでしょうか。

Q6:加害者の保険会社から治療費打ち切りを言われていますが、どうしたらよいでしょうか。
A主治医の判断を仰ぎ、治療の必要性があれば健康保険を使って治療を継続しましょう。

保険会社からの打ち切りって?

打ち切りに困る「保険会社から治療の途中で治療費を打ち切られたので、どうしたらいいですか」、というご相談をお受けすることが多くあります。

事故当初は、保険会社が直接病院に治療費を支払っていたのに、保険会社から「保険会社としては、これ以上治療の必要がないと判断したので、治療費はもう支払いません。」という一方的な通告がなされて、治療が支払われなくなるのが、「治療費の打ち切り」と言われているものです。担当者の判断でなされることもありますし、医療照会の結果、顧問医の見解を踏まえて、顧問弁護士の見解を踏まえてなどと理由を付される場合もあります。

では、治療費を打ち切られそうになった場合、どうすれば良いのでしょうか。

治療継続の必要性についてお医者さんの判断を仰ぎましょう。

原則として保険会社は医師ではないし、被害者の症状を診察していないため、どういった治療が必要か、いつまで治療が必要かについて医学的に判断することはできません。したがって、治療費の打ち切りについても、一律に事故から3カ月経ったからとか、6カ月経ったからという理由で打ち切ってくる場合が多いです。

しかし、上述のとおり、保険会社は医師でもないですし被害者の症状を実際に診察して見ているわけでもありません。治療をしても怪我が治らず、症状がほとんど改善しない状態となった状態を「症状固定」といいますが、あくまでも症状固定か否か、治療の必要性については主治医が判断すべき事項です。

そのため、加害者の保険会社が治療費の打ち切りを宣告してきた場合には、まず、主治医の判断を仰ぎ、治療継続の必要性があるのかを聞きましょう。

そして、継続の必要性がある場合には、それをご自身ないし主治医から保険会社に伝える必要があります。主治医の先生に診断書に記載してもらい加害者の保険会社に提出するという方法もあります。

それでも打ち切ってきたら・・・?

主治医が治療の必要性があると言っているにもかかわらず、加害者の保険会社が一方的に治療費を打ち切ってくることもあります。その場合には、健康保険を使って、ご自身で治療費を支払って治療を継続する方法があります。

保険会社が治療費を支払っている場合、一般的には、自由診療といって健康保険を使わない診療単価での治療になっています。自由診療の場合、健康保険を使う場合と比較して、治療費がかなり高額になっている場合が多いです。

保険会社が治療費の打ち切りをした後、ご自身で自由診療による高額の治療費を負担し続けるのは、経済的な負担が過度に重くなってしまうので、お勧めできません。
まれに、病院の窓口において「交通事故では健康保険での治療ができない」と言われることがありますが、交通事故であっても健康保険での治療はできますので、きちんと病院にも伝えることが重要です。

健康保険でいつまで治療すればいいの?

治療費打ち切り後であっても、症状固定すなわち治療をしても怪我が治らず、症状がほとんど改善しない状態かどうかの判断は主治医がすることは上述と同様です。健康保険で通院する場合には、主治医がこれ以上通院しても症状が改善しないと判断するまで、継続的に通院しましょう。

自分で払った治療費は相手方に請求できるの?

打切り後に自分で払った治療費について、最終的な示談交渉時に相手方保険会社に請求した場合、保険会社としては打ち切り時の判断を前提に、必要性がない、事故と因果関係がないと主張してくることも多いです。
打切り後の治療費が認められるかはケースバイケースですが、裁判実務上では①これまでの治療経過及び症状経過②今後の治療継続による改善の可能性の程度③治療方法の一般性の程度④治療方法の身体への負担の程度(侵襲の度合いが大きいかなど)⑤現在の症状(後遺障害認定の有無)⑥医師の判断等を総合的に考慮して判断されることが多いです。

交通事故と治療Q&A一覧へ戻る