死亡事故についての質問です。年金がもらえなくなったことは賠償してもらえるのでしょうか?

2019年05月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡事故についての質問です。年金がもらえなくなったことは賠償してもらえるのでしょうか?


死亡事故の被害者が年金受給者であった場合、年金の種類によって賠償の有無が異なります。障害年金や老齢年金の場合には賠償してもらえますが、遺族年金や年金恩給については賠償してもらえません。


交通事故 : 年金


◆死亡事故と逸失利益


死亡事故が発生すると、遺族は加害者に対して「逸失利益」を請求できます。


逸失利益とは、被害者が死亡したことによって得られなくなってしまった将来の収入に相当する損害です。


被害者が死亡しなければ、被害者は継続して労働するなどして収入を得ることができたはずです。しかし交通事故によって収入を得られなくなったので、その失われた利益を「逸失利益」として相手に賠償請求できるのです。


逸失利益が認められるのは、基本的に事故前に働いて収入を得ていた人です。


ただし年金生活者の場合であっても、年金の種類によっては逸失利益が認められます。




◆逸失利益が認められる年金


逸失利益が認められる年金は、以下のようなものです。


◆老齢年金

65歳などの一定年齢に達したことによって本人が受け取れる年金です。


老齢年金は本人が自分で保険料を支払ったものであり、家族の生活保障の意味合いも持つので、逸失利益性が認められて遺族が加害者に補償を求めることができます。


◆障害年金

被害者が精神障害者や身体障害者として障害年金を受給していたケースでも、老齢年金と同じことが言えるので、遺族が加害者に逸失利益を請求できます。


◆退職年金

被害者が退職した後、退職年金を受けとっている場合があります。


退職年金も、被害者本人が保険料を支払ってきた結果支給されるものであり、家族の生活保障の意味合いも有するので、逸失利益性を認められます。




◆逸失利益が認められない年金


◆遺族年金

遺族年金は配偶者の死亡を理由に、遺族の生活保障として支給される年金です。


遺族年金は、受給権者である遺族本人が保険料を支払ったものではありませんし、遺族本人の生活保障の意味合いの強いものです。受給者本人への一身専属性が強いため、交通事故の遺族による逸失利益の請求は認められません。


◆恩給による扶助料

恩給による扶助料も遺族年金と同様のことが言え、本人への一身専属性が強いため、交通事故の遺族による逸失利益の請求は認められません。




逸失利益が認められる場合には、被害者の生活費の割合を控除して計算する必要があります。


具体的にどのくらいの請求をできるのか確認したい場合には、お気軽に弁護士までご相談下さい。


(よつば総合法律事務所 弁護士 松本達也)


吹雪の日に相手の車にぶつけて交通事故を起こしてしまいました。雪で前が全く見えなかったのですが、天候は過失割合の判断に影響しますか?

2019年05月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

吹雪の日に相手の車にぶつけて交通事故を起こしてしまいました。雪で前が全く見えなかったのですが、天候は過失割合の判断に影響しますか?


天候のみによって過失割合が変わることはありません。ただ、悪天候であればそれに備える必要がありますので、その注意義務を怠っていたことが過失割合の加算要素となる可能性はあります。


交通事故 : 悪天候


◆雪で前が見えなかった場合の過失割合


本件ではご相談者の方は大雪で前が全く見えなかったために、相手の車に衝突しています。


通常、前方車に追突する事故を起こした場合、加害者の過失割合が100%、被害者の過失割合は0%です。


雪が降って前が見えにくい状況であったことが過失割合の算定に際して考慮されるのでしょうか?


結論的に、雪で前が見えなかったことにより当事者双方の過失割合が変わることはありません。相手の車に追突したなら、大雪のもとでも追突者の過失割合が100%、被追突者の過失割合が0%です。


雪が降っていようといまいと、被害者は一方的に追突された事実に全く変わりなく、過失が認められません。


また雪が降って前が見えにくい状況であれば、運転者はその分通常時よりも長めに車間距離をとって運転すべきです。危険な吹雪であれば、スリップなどを防止するためのタイヤチェーンなどの対応も必要です。


こうした注意や備えを怠って前方の車に衝突しているのですから、加害者には一方的な過失割合があると言わざるを得ず、過失割合は100%となります。




◆天候によって過失割合が変わる可能性


悪天候」という状況は、交通事故の過失割合に何の影響も与えないのでしょうか?


確かに「天候が悪い」という一事をもって、当事者のどちらかの過失割合が上がったり下がったりすることはありません。ただし悪天候のもとでは、当事者双方に課される注意義務が通常時より重くなると考えられます。


たとえば通常時よりも速度を落とすこと、車間距離を大きく開けること、十分な装備をすること、周囲に対してより高く注意を払うことなどが要求されます。


通常程度の車間距離をとって通常程度の速度で走行していても、悪天候のもとでは過失があったと判定される可能性もあります。




◆悪天候によって過失割合が減算されることはない


確実に言えるのは、悪天候だからといって事故を起こした責任を軽くしてもらうことはできないことです。「大雪で見えなかった」というのは弁解の理由になりません。


むしろ通常より高い注意義務を要求される可能性が高い考えましょう。




交通事故の過失割合を算定する際には、いろいろな個別的要素を検討する必要があります。


判断に迷われた際には、一度弁護士までご相談下さい。


(よつば総合法律事務所 弁護士 松本達也)



私はもともと腰が悪かったのですが、その後交通事故に遭ってしまいました。素因減額があるのではと保険会社から言われたのですがこれはどういうことですか?

2019年05月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

私はもともと腰が悪かったのですが、その後交通事故に遭ってしまいました。素因減額があるのではと保険会社から言われたのですがこれはどういうことですか?


もともと腰の悪かった方が交通事故に遭って腰部の痛みなどの症状が発生した場合、事故前の腰の症状が原因でけがが本来より悪化して損害が拡大しているとして、賠償金額を減額される可能性があります。このように被害者側の要因によって賠償金を減額されることを「素因減額」と言います。


交通事故 : 素因減額


◆素因減額とは


素因減額とは、被害者側の要因によって損害が拡大したときに、被害者が請求できる賠償金額を減額することです。


たとえば被害者の身体的な問題が原因で治療が長びいたり後遺障害につながったりした場合や、被害者の心理的な要因が原因となって治療効果が上がらなかった場合や被害者が治療を拒絶した場合などには、被害者の行為や事情によって損害が拡大したと考えられます。


そのような場合、加害者だけではなく被害者にも損害発生についての責任を負わせるのが公平です。そこで被害者が加害者に請求する賠償金額を、被害者の責任の分だけ減額します。


それが素因減額の考え方です。


被害者に重篤な腰の症状があり、それによって本来より治療に長くかかってしまったり通常より重い後遺障害が残ったりした場合には、素因減額が適用されて、相手に請求できる賠償金を割合的に減額される可能性があります。




◆腰の症状によって素因減額される例


腰の症状によって素因減額されるケースには、以下のような例があります。


◆加齢に伴う腰椎の変形がある場合

人は、年齢を重ねると自然に腰椎が変形するものですが、その変形が要因となって交通事故の腰部捻挫や腰部のヘルニアが悪化する例があります。


そういった場合、素因減額が適用される可能性があります。


◆腰椎の脊椎管狭窄がある場合

腰椎に「脊椎管狭窄」がある方がいます。脊椎管狭窄とは、脊椎の通る管が狭くなっている症状です。この症状のある方の場合、通常よりも小さい力でも腰椎捻挫や外傷性腰椎椎間板ヘルニアにかかりやすい傾向があります。


そこで事故前から脊椎管狭窄のあった方の場合、比較的大きく素因減額される可能性が高くなります。


◆腰部のヘルニアがあった場合

事故前から腰にヘルニアの症状があった方の場合、交通事故で腰部を負傷すると症状が悪化して治りにくくなります。


その場合にも被害者側の事情によって損害が拡大したとして素因減額されます。


一方、事故前に腰に何らかの症状があったとしても、交通事故による負傷部位が腰とは無関係であれば、素因減額されることはありません。




保険会社から素因減額を主張されても、相手の言い分は必ずしも正しくないので慎重に判断すべきです。お悩みでしたら弁護士までご相談下さい。


▼参考記事

(よつば総合法律事務所 弁護士 松本達也)

事故直後に相手に私が100パーセント悪いと一筆書いてもらいました。相手が認めているのでこの紙があれば過失割合は0対100になりますか?

2019年05月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

事故直後に相手に私が100パーセント悪いと一筆書いてもらいました。相手が認めているのでこの紙があれば過失割合は0対100になりますか?


いいえ、相手が一筆書いたとしても過失割合がその通りになるとは限りません。


交通事故 : 過失割合


◆過失割合とは


交通事故の損害賠償請求を行うときには、過失割合が非常に重要です。


過失割合とは、被害者と加害者それぞれの損害発生に対する責任割合です。


過失割合が高くなるとその分相手に請求できる賠償金が減額されるので、有利に賠償金請求を進めるには自分の過失割合を小さくする必要があります。




◆過失割合は事故現場では決まらない


それでは、事故現場で相手に「100%自分が悪い」と書いてもらった場合、過失割合は「100:0」に決定されるのでしょうか?


基本的に、事故現場での書面作成が過失割合についての有効な合意となって当事者双方が拘束される可能性は低いと考えられます。


まず、相手がどこまでの認識で「100%悪い」と書いているのかという問題があります。不法行為の過失割合についての確定的な判断として「100%悪い」と書いているわけではなく、多くのケースでは「交通事故を起こしてしまった。自分が悪いのだから書面を書こう」と考えているだけであることが多いでしょう。


その場合、その書面だけをもって過失割合を決めることはできません。後日、きちんと話し合いをして過失割合を決める必要があります。


また事故後動転して、事故の状況についてきちんと理解しないまま、被害者に責められるので「100%悪い」と書いた可能性もあります。そのような場合、前提となる状況認識について誤りがあるので、その意思表示に法的効力を持たせることは困難です。


相手が事故現場であなたの勢いに気圧されて無理に書面を書かされたと主張する可能性もあります。


被害者が「あなたが悪い」と責め、加害者が「では書面を書きます」として事故現場で「100%私が悪い」と書いたシチュエーションにおいて、加害者と被害者との間で有効な過失割合についての合意ができたとは評価されにくいのです。


◆過失割合の決まり方


交通事故当事者双方の過失割合は、事故後加害者と被害者の保険会社が交渉することによって決めるのが一般的です。


その際には、法的な過失割合の算定基準を用います。


事故の状況ごとに過失割合の算定基準が決まっているので、当該事故のケースにあてはめることにより、妥当な過失割合を算定します。




そうは言っても当事者間で事故現場の認識が一致しなかったり過失割合の数字に納得できなかったりして争いになる例も多々あります。


そのようなとき、当事者の利益を守れるのは弁護士です。相手と過失割合についてトラブルになり、お困りであれば弁護士までご相談下さい。


▼参考記事

(よつば総合法律事務所 弁護士 松本達也)

未成年者の運転する車にぶつけられました。保護者に賠償を請求できますか?

2019年05月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加

未成年者の運転する車にぶつけられました。保護者に賠償を請求できますか?


未成年者が小学生以下の子どもであれば、親に賠償金を請求可能です。そうでない場合には、請求できるケースとできないケースがあります。


交通事故 : 賠償金


◆親の監督者責任について


未成年者が車を運転していて交通事故を起こしたら、未成年者の保護者に責任が発生するのでしょうか?
この問題については、未成年者本人に責任が発生するのかどうかで結論が異なります。


未成年者が12歳くらいの年齢以下の場合、未成年者本人には「責任能力」がありません。不法行為責任を負うだけの分別がないからです。


そこで、未成年者を監督すべき保護者に「監督者責任」が発生し、被害者は保護者に賠償金の請求をできます。親は自分が無過失であることを証明しないと責任を免れることができません。


一方子どもが13歳くらい以上のケースでは、子どもにも十分な分別があるので「責任能力」があると考えられます。子どもが自分で責任をとるので、親が代わりに責任を負う必要はなく、監督者責任は発生しません。


そこで、相手の未成年が中学生以上の場合には、当然に親に責任をとらせることは難しくなります。




◆未成年者に責任能力があっても親に責任が発生するケースとは


子どもが13歳以上で責任能力が認められる場合にも、親に賠償金の請求をできるケースがあります。


親に直接の不法行為が成立する場合

1つは、親が子どもに対する適切な指導を著しく怠っており、親が直接交通事故を引き起こしたと同視できるケースです。


この場合、親は「不法行為者本人」として扱われるので、被害者は親に対して損害賠償請求できます。


たとえば、子どもが親の車のカギを勝手に持ち出して車を乗り回している状況を知りながら、親が止めもせず放置していて事故が発生したケースなどです。この場合、親が子どもを放置していたことが不法行為と評価されて、親に責任が及びます。


親名義の車を運転していた場合

親が子どもを放置していなかったケースでも、車が親名義であれば親に損害賠償請求できる可能性があります。


車の所有者には「運行供用者責任」という責任が発生するためです。運行供用者責任とは、車の運行を支配し、運行から利益を得ていることによって発生する自賠法上の責任であり、車の所有名義人には一般的に運行供用者責任が発生すると考えられています。


そこで子どもが親の車に乗って交通事故を起こした場合、被害者は運行供用者責任に基づいて親に損害賠償請求が可能となります。




未成年者が交通事故を起こしたとき、未成年者本人には資力がなく十分な賠償金の支払いを受けられないケースも多々あります。お困りの際には、弁護士までご相談下さい。


▼参考記事

(よつば総合法律事務所 弁護士 松本達也)

私は自営業です。休業損害はどうやって計算するのですか?

2019年05月08日
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は自営業です。休業損害はどうやって計算するのですか?


自営業者の場合、事故の前年度の確定申告書の所得をベースにして基礎収入を算定し、休業損害額を計算します。確定申告していない方の場合には通帳などの資料によって収入が明らかになれば、休業損害額を計算できます。


交通事故 : 休業損害


◆自営業者の休業損害計算方法


基本的な休業損害の計算方法

自営業の場合にもサラリーマンの場合にも、基本的な休業損害の計算方法は同じです。


●1日あたりの基礎収入×休業日数


以下で、自営業者の「1日あたりの基礎収入」と「休業日数」の考え方をみていきましょう。


自営業者の基礎収入

被害者がサラリーマンの場合には、事故前3か月分の給料額をもとに1日あたりの基礎収入を計算します。しかし自営業者の場合,給料をもらっていないのでこうした計算方法はできません。


自営業者の収入を示すのは「確定申告書」なので、自営業者の場合には「事故の前年度の確定申告書の所得」をベースとして基礎収入額を計算します。


ただ、青色申告控除を適用されている場合、実際に何らかの費用を支払っているわけではないのでその金額は足すことができます。


また家賃や保険料などの固定経費については、休業していても払う必要のあるものなので、売上げから差し引かず、所得に足して計算します。


こうして得られた1年分の所得を365日(うるう年は366日)で割り算して、1日当たりの基礎収入額を求めます。


自営業者の休業日数

自営業者の場合、サラリーマンのように会社が証明してくれないので休業日数も問題になりやすいです。


自営業者が休業日数を証明するには、日報や売上帳、店舗の開店日と休業日の記録、医師による診断書などが必要です。


保険会社から「休業の必要性がない」と主張される可能性もあるので、根拠にもとづいた主張を要求されます。




◆確定申告していない場合


自営業者の中には、確定申告をしていない方もおられます。その場合、確定申告書がないので、収入を証明できません。


確定申告していない自営業者が休業損害を請求するには「実際には収入があった」事実を証明する必要があります。


そのためには、入金のあった通帳などによって「収入があった」事実と金額を証明しなければなりません。


また自営収入を計算する際には、売上げから経費を差し引く必要があります。経費の額も明らかにしなければならないこともあり、確定申告していない自営業者の基礎収入の証明は困難になるケースも多々あります。




自営業者が休業損害を請求する際には、基礎収入と休業日数の両方の点でサラリーマンより困難になりやすいものです。お悩みの際には、一度弁護士までご相談下さい。


▼参考記事

(よつば総合法律事務所 弁護士 松本達也)

交通事故に遭ってけがをしました。警察の実況見分に被害者は呼ばれますか?

2019年05月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故に遭ってけがをしました。警察の実況見分に被害者は呼ばれますか?


実況見分は事故直後に事故当事者立ち会いの下で行われます。被害者がけがで立ち会えなかった場合、基本的にやり直しはありませんし被害者が呼ばれることもありません。


交通事故 : 実況見分


◆被害者が実況見分に立ち会えないケースとは


実況見分とは、警察などの捜査機関が犯行現場の状況を詳細に調べて保存する手続きです。


交通事故の中でも「人身事故」が発生したら、事故現場にやってきた警察が現場保存のために実況見分を行います。


通常、事故直後には事故現場に被害者と加害者の双方がいるので、当事者双方の立ち会いのもとに警察が実況見分を進めます。


しかし被害者が大けがをした場合などには、治療を優先してすぐに病院に運ぶため、被害者が実況見分に立ち会えないケースがあります。


その場合、加害者の言い分のみにもとづいて実況見分が行われて実況見分調書が作成されてしまうので、被害者にとって不利な資料となってしまう可能性があります。




◆原則として、実況見分のやり直しは行われない


けがをした被害者が実況見分に立ち会えなかったとしても、けがが回復したら実況見分に立ち会える状態になります。


そのとき、被害者立ち会いの下で実況見分をやり直してもらうことは可能なのでしょうか。


基本的に、実況見分のやり直しはしません。


実況見分は、一次的に加害者の刑事事件の資料として使うものです。実況見分調書には交通事故の状況が詳しく書かれているので被害者が交通事故の状況や過失割合を証明するのに役立ちますが、本来の目的はあくまで加害者の刑事手続のためのものです。


交通事故被害者のために事故状況を証明するのが目的ではないので、被害者が立ち会えず内容面に不満があるとしてもやり直してもらうことはできません。




◆例外的にやり直すケース


ただし、例外的に実況見分をやり直すケースもあります。それは、明らかに実況見分の内容が誤っている場合や手続的に法令違反があった場合などです。


たとえば、警察官ではない人が実況見分を行った場合や加害者が明らかに虚偽の説明をしていた場合などには、警察の判断で実況見分がやり直される可能性があります。


その場合には、事故当事者である被害者も現場に呼ばれるケースが多いです。




交通事故において、実況見分調書の内容は当事者双方の過失割合を判断するために非常に重要な資料となります。


実況見分に立ち会えなかったために実況見分調書が不利な内容になってしまった場合、適切に損害賠償を行うため、お早めに弁護士までご相談下さい。


▼参考記事

(よつば総合法律事務所 弁護士 松本達也)

高次脳機能障害と障害者総合支援法

2019年04月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

高次脳機能障害と障害者総合支援法


高次脳機能障害の後遺症が原因で感情を抑えづらくなりましたが、リハビリテーションで感情の抑え方を学びました。


高次脳機能障害 : 感情の障害


(28歳男性 会社員)


◆友達が減ったその理由は


1年前に交通事故で頭を打ち、2週間入院しました。


自分では、事故に遭う前と比べて記憶力や処理能力は変わってないという自信がありますし、他には擦り傷程度で大きな怪我もなかったので、帰宅した翌週から仕事を再開しました。


職場の人は、大変だったね、無理しないで暖かい声をかけてくれるので、仕事に打ち込むことの喜びを改めて実感しました。


ところが、仕事に復帰してしばらくするうちに、だんだんと職場で私を見る目が冷たくなってきたのに気づきました。


私は、仕事は正確かつスピーディーに、がモットーです。もう一つの私の特徴と言えば、きれい好きということでしょうか?


だから、職場の同僚がテーブルの上に飲みかけのコーヒーカップを置きっぱなしでいたりしたらもう我慢できません。そういうだらしない習慣は自宅内でのみ許されることだと思っています。


部下にコピーを頼んだら、コピーの濃度が濃すぎたなんて許せません。


思ったことはなんでもズバズバ言い、それによって仕事の質を上がれば良いと思っていました。時には声を荒らげて強く叱責することもありました。


私が部下や同僚の誤りやだらしない習慣を指摘することを繰り返すうちに、やがて誰も私と雑談しなくなりました。


昼休みも、私を避けるようにランチにでかけます。


私は、正しいことを指摘しているだけなのに、社内で嫌われてしまったのです。




◆思ったことをすぐ口に出すのは高次脳機能障害のため


ある日、同期の社員に呼ばれました。


そして、言われたのです。君のしゃべり方は、会社の人間関係をことごとくぶち壊すよと・・


私は、自分が正しいと思っていることを率直に口にしていると思っていました。


でも、周囲の人間にとっては、耐えがたいほど高圧的で、会社組織の輪を壊しかねないほどの存在になりつつあると言われたのです。


私は、その指摘を聞き、自分ではコントロールできない感情をどうすれば良いかわからないまま、リハビリテーションに通っていた病院のドクターに相談に行きました。


その結果、高次脳機能障害による感情の障害と診断されたのです。


今でも感情が爆発しそうになるときがあります。この間違いを正さなければいけないと思うと気持ちが熱くなるのです。


リハビリテーションで、カッとなったら、数を逆にカウントする方法を教わりました。たとえば、20から19、18と数えている間にだんだん気持ちが落ち着いてきます。ゼロまでカウントすると、気持ちが落ち着き、暴言を吐かずに済むようになりました。


現在、気持ちがモヤモヤしてキツイことを言いそうになったら、数を逆カウントして気持ちを整えるよう心がけています。


高次脳機能障害による感情の障害は完全になくならないかもしれませんが、自分をコントロールする方法をリハビリテーションで教わることができて良かったです。


▼参考記事

(よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)

高次脳機能障害者に対するサポートを受けて

2019年04月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

高次脳機能障害者に対するサポートを受けて


高次脳機能障害とわかったのは、記憶力が減退したことに気付いたからです。リハビリテーションを受けつつ生活に支障が起きないように努めています。


高次脳機能障害 : 記憶障害


(33歳主婦)


◆引っ越してきたばかりの町で事故に遭う


主人が転勤族なので、この町には半年前に引っ越してきました。


そして、住み始めてひと月も経たないときに交通事故に遭ってしまったのです。


夕方のお使いにでかけて横断歩道を渡っていた時に車にはねられ転倒、頭を強く打ったので救急車で病院に運ばれました。


事故当日から数日間の記憶はあいまいですが、大きな怪我はなかったのは覚えています。


家族の話では、脳を中心にいろんな検査を受けたそうですが、医師の所見では脳に大きな損傷はないということで、1週間後に退院しました。




◆料理を完成できない


自宅に戻ってほっとしたのもつかの間、家事をこなすのが困難になった自分に気が付きました。


たとえば、こんなことがありました。
夕ご飯のおかずを豚肉の生姜焼きと決めて豚肉と生姜、付け合わせのキャベツを買いにお使いに出かけましたが、歩いているうちに何をしに外出したかわからなくなって家に戻ってしまいました。


結局、夕飯のおかずはレトルトカレーで済ませてごまかしました。


後で知ったのですが、私が忘れっぽくなったのは、高次脳機能障害の後遺症の一つ、記憶障害が原因だったのですね。




◆娘の卒業式を忘れていて号泣された


15歳の娘はこの春に中学を卒業して公立高校に進学しましたが、中学校の卒業式の日に娘と大ゲンカしました。


3月20日は中学校の卒業式だということはずっと前からわかっていたことなのに、私がすっかり忘れていてその日に近所の友人と日帰りバスツアーに行くことにしていたのです。


前の晩に、娘とおしゃべりしていて、明日が卒業式だとやっと気が付き、その後は、友人に電話しておわびし、旅行を取りやめることを伝えました。


娘は、卒業式より旅行の方が大事なんだと激怒、卒業式の会場で目を合わすこともありませんでした。


なぜ、これほど記憶力が衰えたのか、心細くてたまりません。


翌日、近所の内科を受診して、事故で頭を打ったこと、その後、記憶力が衰えたことを話しました。


医師は、高次脳機能障害による記憶障害を疑い、後遺症を完全に治すことはむずかしいが、症状を軽くすることは可能であると私を励ましてくれました。


そして、作業療法士による生活訓練ができるリハビリテーション施設を紹介してくれたのです。




現在、記憶障害はまだ続いていて、お母さん忘れっぽくなったねと、家族に笑われます。


でも、リハビリテーションで教わった通りに、大事な予定はメモにして冷蔵庫に貼ったり、ホワイトボードに書いたりしています。


高次脳機能障害による後遺症は、努力次第で症状を軽くできると思っています。


▼参考記事

(よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)

交通事故による高次脳機能障害と生活訓練

2019年04月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故による高次脳機能障害と生活訓練


交通事故で高次脳機能障害になり、仕事の再開が難しいときは、生活訓練を受けて職場復帰を目指しましょう。


高次脳機能障害 : 生活訓練


◆職業訓練を受けて職場復帰をめざす


交通事故などが原因で高次脳機能障害になると、いずれは退院して自宅に戻ります。


事故に遭うまでは働いていた人は、すぐ職場復帰してバリバリ働きたいと思うでしょう。


しかし、高次脳機能障害は、自分では気が付かないような後遺症を抱えていることがあり、完治が難しい病気なのです。


高次脳機能障害を発症した人が仕事をすることで起きる問題は2つに分けて考えましょう。


一つは、自分は健康だと思って仕事を再開しても、周囲に迷惑をかけたり、誤解を受けて職場に居づらくなるパターンです。


自分の障害を自覚していないので、周囲から指摘を受けても何が間違っているのか理解できず、仕事に支障をきたします。


最悪の場合解雇を言い渡されることもあり得るでしょう。

二つめは、自分の障害を自覚している状況です。


なんだか物覚えが悪くなった、やろうと思っていたことがあるのに、少しすると何をしようとしていたか思い出せない・・そんな自分を自覚して、仕事は無理だとあきらめかけてしまう人もいます。




◆就業前の訓練とは


高次脳機能障害になるまでは仕事をこなして充実した時間を過ごしていたのに、病気になったら就労できないというのはつらいですね。


自分の能力を生かして充実した時間を過ごすためには、後遺症の症状を軽くする必要があります。


そこで効果が期待できるのが、専門家の指導による生活訓練です。


生活訓練とは、ふだんの暮らしや社会生活で何をどのようにすれば良いかを理解して生活する能力と質を高めるための訓練です。


具体的に言うと、薬を飲むなどの体調管理、身だしなみや整理整頓などの生活リズムの構築、金銭の管理、掃除・洗濯などの家事をこなします。


活動を習慣として身に付けることによって、自分はどうあるべきかということを理解できるようになります。


生活訓練といっても、日常生活だけでなく、仕事に就いてからの生活も意識して就労準備訓練も行われます。


職場を想定した訓練は、いずれ仕事について働くのだという意識を持つ上で有効です。


たとえば、家で家族と過ごしている時は、起床の時間はその日によってまちまち、好きなときにお茶を飲んでテレビを見て過ごすというように、自分のペースで時間が経ちますが、就労を意識した訓練では、時間の管理を行います。


就業開始時間を意識し、遅刻や欠席など、時間管理に責任を持ちます。就業時間と休憩の切り替えもあります。


仕事や時間管理に耐えられるだけの持久力や集中力があるかを見極めながら、高次脳機能障害者の残存能力を伸ばす訓練を継続します。


▼参考記事

(よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
プロフィール
よつば総合法律事務所
千葉県最大級の法律事務所。弁護士16名が所属しております。事務所名の「よつば」は事務所に関わる人が皆幸せになるようにとの思いから名付けました。お気軽にご相談ください。
柏事務所:千葉県柏市(柏駅徒歩3分)
千葉事務所:千葉市(千葉駅徒歩3分)
東京事務所:千代田区(東京駅徒歩5分及び二重橋駅徒歩2分)

千葉で交通事故に強い弁護士の無料相談サイト

メールでのお問い合わせ
2019年 05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事